地名・国名/黒衣森

黒衣森(こくえのもり / The Black Shroud)

黒衣森(こくえのもり)とは

  • 「黒衣(こくえ)」とは、Wikipediaによれば「墨染の黒い僧衣(緇衣・墨染衣)のこと、あるいは転じて僧のこと」となっている。このことから次の理由での呼称はないかと思われる。
    • グリダニア幻術士(僧侶)が守る森のことを指して黒衣と呼んでいる ※グリダニア幻術士は墨染衣を着用していない
    • 巨大な森が黒々と覆っている様を指して黒衣と呼んでいる

精霊とのつながり

  • 黒衣森には古の精霊が棲むとされており、一体化しているとグリダニアの民は信じている。
  • 幻術士である角尊が張る結界は精霊との約束を現しており、精霊がグリダニアを護っているのと同様に、彼らもまた精霊を護らなければならないと考えている。

結界

  • 黒衣森には、幻術士が術法により結界を施した樹木が4本あり、「境樹」と呼ばれている。

以下は旧FF14で確認された情報であり、新生エオルゼアでは確認できない。

  • この結界の木は、次の4ヶ所に存在し、冒険者の間では「光る木」として有名である。
    方角場所
    ひそひそ木立(キャンプ・エメラルドモス経由)27-15
    西地衣の殿(キャンプ・クリムゾンバーク経由)10-28
    キャンプ・ベントブランチ32-37
    キャンプ・ナインアイビー50-32

黒魔女の羽衣(Witch's Shroud)

  • 樹冠付近のエーテル濃度差が生み出す乱気流
  • 黒衣森特有の気象現象で、多くの飛空艇乗りの命を奪ってきたという。

関連項目

ティノルカ

ラノシア】【ザナラーン】【クルザス】【モードゥナ

マップ】【エーテライト】【リージョン】【グリダニア