地名・国名/ドラヴァニア

ドラヴァニア(Dravania)

概要

アバラシア山脈西方に位置する山岳地帯。
”ドラヴァニア”の名前で呼ばれることからもわかるとおり、その高地は古くから、ドラゴン族が支配する領域として恐れられてきた。
一方山を降った低地には「サリャク河」と呼ばれる大河が流れ、自然豊かな土地が広がっている。
ここにはかつて、知の都と謳われた植民都市「シャーレアン」が存在したが、15年前の「大撤収」により、住民が一夜にして去ってしまったという。

所属するエリア

エリア

都市

ダンジョン

ドラゴン族の棲家

  • イシュガルドの仇敵とされるドラゴン族がテリトリーとしている
  • 特に営巣地のある頂の危峰は、天然の要害として翼を持たぬ者の侵入を有史以来拒み続けてきた

低地ドラヴァニア「植民都市シャーレアン

関連項目

イシュガルド】【アバラシア山脈

ニーズヘッグ