地名・国名/ギラバニア


ギラバニア(Gyr Abania)

概要

かつて城塞都市“アラミゴ”が領していた地域。アルデナード小大陸を東西に貫くアバラシア山脈の東端に位置し、険しい山々が連なる。破壊神ラールガー信仰が根強い土地であったが、宗教を否定する帝国の支配を受け、各地の寺院はことごとく破壊されている。

歴史

ギラバニアに関連する事項

雪人の儀

  • 2012年1月に行われた公式イベント降神祭/消えた雪人」の際、ハーストミルで行われていた「雪人の儀」のスノーマンが消えたことに絡んでイベントが進行した。
  • それによれば、この「雪人の儀」はギラバニア伝統の儀式であるとされ、アラミゴ難民のワルドマル氏が進行役を務めており、消えたスノーマンには恵みの案内人となるよう彼らの一族に代々伝わる宝珠「ハート・オブ・ウィンター」が納められていたのだという。
  • なぜあえてアラミゴと親交が深いとは言えないグリダニアで、ギラバニアの儀式を行ったのかは不明である。

スクリーンショット

if9hoW1.jpg
exMUjtQ.jpg
EyZH8OB.jpg
0vLouwm.jpg
W9fA29A.jpg
XYrBcws.jpg

関連項目