地名・国名/オサード小大陸


オサード小大陸(continent of Othard)

Table of Contents

概要

  • 三大州」のひとつで東端に位置しており「東州」と呼ばれる。
  • エオルゼアからみると「東方」にあたり、オサード小大陸やその周辺の島々由来の物産や文化は、「東方」由来のものとして登場することがある。
東州オサード小大陸と周辺地域
東州オサード小大陸と周辺地域
東州オサード小大陸
東州オサード小大陸拡大図
  • ※クリックで大きくなります。

紅蓮のリベレーター」実装領域エリアマップ

tnn9Wc1.jpg

地勢

  • 北東部には凍土が広がり、万年雪を有する山々が広がる。この一帯は標高が高く、荒廃した不毛の大地となっている。
  • ここを水源とする無数の川がやがて束ねられて大河「無二江」となり、南東の海を目指して流れている。
  • 「無二江」の流域には草原地帯「アジムステップ」が広がっており、アウラ・ゼラ族の故郷である。
  • さらにかつてドマが領していた「ヤンサ平原」など居住に適した地域となっている。
  • かつてガレマール帝国に侵攻された「ダルマスカ」もこのオサード小大陸に存在した都市国家のひとつ。

文化圏

  • 北東部の荒廃した大地が文化交流を阻んできたため、東方地域は長らく西方の影響を受けることなく独自の文化を形成してきた。
  • しかし航海技術の発達により南側の海沿いに交易船が渡来するようになっている。
  • また20数年前から魔導技術を発達させた飛空艇を操る「ガレマール帝国」の進軍が始まり、ダルマスカドマといった諸都市が武力併合されていった。

ガレマール帝国による属州化

  • 東州オサード小大陸は現在、北州より興ったガレマール帝国により侵略されている。
  • ガレマール共和国」は、半世紀前まで北州イルサバード大陸の辺境国に過ぎなかったが、技術革新と卓越した軍才を有す若き将(現皇帝)の出現により、一躍、ハイデリンに覇を唱える強国へと躍進を遂げた。
  • オサード小大陸は、帝国が膨張する過程で侵攻を受け、属州化されている。

ドマ

  • ユウギリ出身地。パッチ2.2で登場する「ユウギリ」の出身地であると発表された。

    はるか東方「オサード小大陸」の辺境都市「ドマ」より、エオルゼアへと落ち延びてきた難民たちの指導者。異国風の装束に身を包んだその姿からは、数々の困難を乗り越えてきた者特有のただならぬ気配を放つ。何やら事情があるらしく、その素顔を決して人前にさらそうとはしない

  • ロウェナは、このドマ難民のツテを使い、東州オサード小大陸を拠点とする商人と、独自に交易ルートを開拓している。

隠れ里

  • ドマ近郊にある忍者の里。
  • 忍者クエストで登場するゲッカイオボロカラスたちの故郷。
    我が名はオボロ、そして彼女はツバメと申す。
    我々は、東州オサード小大陸の辺境の地……
    ドマの隠れ里よりやってきた「忍び」の者。

産物

動物

パンダ

ミニオン

マメット・パンダ
東方の珍獣パンダを模した魔法人形

旅の老師が東方ゆかりの贈物として持ってきた魔法人形。東州「オサード小大陸」の辺境に棲まうという珍獣、パンダを模したもののようだ。実際は獰猛な獣らしいが、非常に愛らしい姿で人々を魅了して止まない

魚類

タイガーコッド
体表に鮮やかな模様があるが、この模様がオサード大陸原産の野獣「虎」に似ているため名付けられたという。
ダークスリーパー
オサード小大陸原産の淡水魚

関連項目