地名・国名/ひんがしの国


ひんがしの国

  • 東の果てにある島国
  • 「東(ひんがし)の国」
Table of Contents

概要

  • 「ひんがしの国」とは、東州オサード小大陸の東岸からさらに海を渡った東の果てにある島国である。
    ゲロルト : ひんがしの国ってのは、東州オサード小大陸の東岸から、
    さらに海を渡った、東の果てにある島国なンだ。
    忍びの技は、そこで生まれたという。
    
    ジャック : 表向きは、東方遠征で帝国船から奪った品って触れ込みで、
    出品しているようだが、「ひんがしの国」は島国だ。
    ガレマール帝国の支配は及んじゃいない。

井ノ国

忍びの術

  • その後エオルゼアにも伝わった「忍びの術」は、このひんがしの国で生まれた刀術であるとされる。

「ひんがしの国」とドマの国の関係

  • 「ひんがしの国」と「ドマ」の関係については忍者クエストで登場する「サスケ」の逸話がわかりやすい。
  • 「サスケ」は「ひんがしの国」の忍者であったが、ある時密命を帯びて東州(オサード小大陸)に渡る。そこで圧政に虐げられているドマの民と出会ったサスケは彼らに忍術を教え、圧政を敷いていた豪族を倒すことに成功したという。その後、彼らドマの民はドマの辺境に「隠れ里」を拓いたという。
  • さらに忍者クエストに登場するユキ・ヤツルギは、帰国の際にオボロに対して「お礼は隠れ里の長老にすればよいのだな」という発言をしており、現在でもかなり交流があるものと思われる。

出身者

ユキ・ヤツルギ(Yuki Yatsurugi)

  • 忍者クエストに登場する人物。
  • ひんがしの国、白帝江のほとりにある「井ノ国」を治める豪族ヤツルギ家の生まれ。
    こ、こちらの御方は、ヤツルギ家のご息女……ユキ姫様だ。
    賊によって奪われた家宝「千紫万紅」を取り戻さんと、
    遥々、エオルゼアの地にやってきた。
    
    ヤツルギ家といえば、「ひんがしの国」は白帝江のほとり、
    「井ノ国」を治める豪族ではないか!
    その姫君ともあろう御方が、なぜ直々に!?

ナルミ(Narumi)

  • 2016年のプリンセスデーに登場した「三歌姫」のひとり。
    私の実家は、東方の「ひんがしの国」……。
    商人である父が、エオルゼアに交易に出てしまうと、
    母とふたりきりで帰りを待つことになるんです。
    ようやく、念願かなって父の交易に同行を許され、
    ウルダハへとやって来たのですが……。
    まさか、歌姫をやることになるなんて夢にも思いませんでした。
    
    私、昔から演劇が好きだったんですよ。
    故郷の「ひんがしの国」には、独特の劇がありまして、
    よく母といっしょに観に行ったものです。

サスケ(Sasuke)

吉光(Yoshimitsu)

  • ひんがしの国にいた伝説的な刀工。短刀づくりにかけては右に出るものがいない。
  • 忍者レリックウェポンとして登場する
  • またユウギリの使用武器も「無銘伝吉光」となっている。これはリムサ・ロミンサの政庁から作戦への協力に対する感謝の印として贈られたものである。

産物など

産物

出汁用のケルプ
昆布料理

東方のひんがしの国じゃ、マルムケルプを煮込んでスープの素を作るらしい。創作調理師の俺としちゃ、ぜひともコイツを試してやりたいと思っているのさ。そんな訳で、長~いマルムケルプを届けてくれ。

ミニオン

タイニーラム
ひんがしの国からきた羊。まじないの力はもうない

慈愛の神を迎えた「降神祭」で出会った羊。命令に背いて死にかけていたところを救い、そのまま譲り受けた。まじないの力は失ったが、敬愛する冒険者という主を得て、日々、幸せをかみしめているようだ

コロコロポックル
コロポックルの幼獣。水分補給には気を配るタイプ

コロポックルの幼獣。かつて聖モシャーヌ植物園にて研究目的で栽培されていた草木綱コロポックル属の子孫。原産地は極東の島国「ひんがしの国」だが、生まれはシャーレアンだ。新たな住まいを探している

道具・家畜

弓角
ひんがしの国に伝わる沖合釣り用古式ルアー。浜からの遠投でも大物が狙える
ロミンサン・スティード
ひんがしの国原産の軍馬。たくましい脚で大地を駆ける。同様にグリダニアン・スティード、ウルダハン・スティードも存在する。

黒渦団が試験的に採用した軍馬。ひんがしの国から渡来した「馬奉行」の売り込みが功を奏し、冒険者の間で「馬」が評価され始めたため、導入に踏み切ったようだ。エオルゼアの気候に合った品種が選ばれている

PvPフロントラインアチーブメント報酬の馬マウント

文化

降神祭
ひんがしの国から来る馬奉行が登場する。
ボム踊り
ABU隊員のセリフに次のようなものがあった。
遠方の東州オサード大陸から、さらに洋上を東に進むとその果てに神秘の島国が現れるという……。
これより伝授する「ボム踊り」は、彼の地より伝わりしもの。地上に彷徨う妖異の魂を、昇天させる神秘の魔法舞踊!
恐らくひんがしの国のことと思われる。
コトワザ
ひんがしの国のコトワザを知ってるか?「破壊の神も3度までは慈悲をかける」ってな。
猿(サル)
エオルゼアでは、猿は害獣という印象が強いそうですね。
しかし、私どもの故郷「ひんがしの国」では、
縁起のいい生き物とされています。

我々の故郷「ひんがしの国」では、「降神祭」の季節になると、
縁起物として、各地で「猿まわし」という芸が披露されるのです。
これをエオルゼアでも行いたいのですよ。

関連項目