命名規則/ララフェルの命名ルール

ララフェルの命名ルール(Lalafell Naming Conventions)

  • エオルゼアに住む人間6種族のNPCは、一定のルールで命名されている。
  • 下記は、2013年3月に公式フォーラムで公開された世界設定情報によるもの。
Table of Contents

ララフェル一般

  • プレーンフォークデューンフォークかに関わらず、ララフェルの名前は「リズム」や「韻」、「音節」に規則性があります。その規則さえ覚えてしまえば、名前を見るだけで、性別や部族が判別できるのです(両部族の混血の場合は、その限りではありませんが)。
  • こうした規則は、古ララフェル語が「うた(歌、詩)」と深く結びついた言語であることに由来します。なお、古ララフェル語には、5つの母音(あいうえお)しかないため、他種族の名前とは明らかにスペルや発音が異なっている点も特徴といえるでしょう。
  • ちなみに、ララフェルのラストネームは「血統を現すファミリーネーム(苗字)」ではなく、成人と同時に名付ける「字(あざな)」のようなもので、個人名とセットで規則に基づいて決定されます。

プレーンフォーク

プレーンフォーク男性の場合

  • 規則1) ABCBというパターンで韻を踏む
  • 規則2) ACの部分は、韻を踏まなくてOK
  • 規則3) ABCのそれぞれは、殆どの場合1~2音節
例)ゾリード・マナリード(Zorido Manarido)
例)コペル・ヨーペル(Kopel Yorpel)
例)アルカ・ゾルカ(Alka Zolka)
例)ワグダ・マバグダ(Waguda Mabaguda)
例)テレジ・アデレジTeledji Adeledji)
  • 【豆知識】プレーンフォークの男性は、普段の会話でも礼儀として「フルネーム」を使う文化があります。NPCのディスプレイネームがフルネーム表記なのも、その点を現したものなのです。

プレーンフォーク女性の場合

  • 規則1) ABBABというパターンで韻を踏む
  • 規則2) ABは、それぞれ1音節(「n」は音節に数えない)
例)ミモモ・ミモ(Mimomo Mimo)
例)トキキ・トキ(Tokiki Toki)
例)ウララ・ウラ(Ulala Ula)
例)ホンメメ・ホンメ(Honmeme Honme)

デューンフォーク

デューンフォーク男性の場合

  • 規則1) AABCCBというパターンで韻を踏む
  • 規則2) ACの部分は、母音で韻を踏んでも踏まなくてもいい
  • 規則3) ACは、それぞれ1音節。Bは2音節
例)ジャジャリク・ナナリク(Jajariku Nanariku)…AとCが同じ母音で韻を踏んでいる
例)モモメナ・ロロメナ(Momomena Lolomena)…AとCが同じ母音で韻を踏んでいる
例)ヌヌルパ・タタルパ(Nunulupa Tatalupa)…AとCが異なる母音で韻を踏んでいない
例)ファファジョニ・ククジョニ(Fafajoni Kukujoni)…AとCが異なる母音で韻を踏んでいない
例)ロロリト・ナナリト…AとCが異なる母音で韻を踏んでいない

デューンフォーク女性の場合

  • 規則1) AABABというパターンで韻を踏む
  • 規則2) ABは、それぞれ1音節
例)ジャジャノ・ジャノ(Jajano Jano)
例)ココビ・コビ(Kokobi Kobi)
例)ヤヤモ・ヤモ(Yayamo Yamo)
例)チュチュム・チュム(Chuchumu Chumu)
例)モモディ・モディ(Momodi Modi)
例)ナナモ・ウル・ナモ(Nanamo Ul Namo)
例)ララウェフ・シラ・タタウェフ(Lalawefu Sil Tatawefu )

都市国家

関連項目

命名規則:【アウラの命名ルール】 【エレゼンの命名ルール】 【ヒューランの命名ルール】 【ミコッテの命名ルール】 【ルガディンの命名ルール