光の戦士

光の戦士(ひかりのせんし / Heroes of Light)

光の戦士

概要

  • 新生エオルゼアFF14では「第七霊災」を経た第七星暦の時代が描かれるが、この第七霊災の最後バハムートが現れた後については、エオルゼアに暮らす多くの人達の記憶から抜け落ちてしまっている。

    その名を呼ぼうとすると日に焼けた書物の如く、読みあげられず…
    その顔を思いだそうとしても、強烈な日差しの中にある影のように見えない…
    人々は、この光の中に佇む英雄を、敬意をもって「光の戦士たち」と呼んでいるわ。

光の戦士



  • 一方で、この「光の戦士」を記憶にとどめている人たちもいる。

暁の血盟ミンフィリア

ミンフィリア:待っていたわ。
ミンフィリア:本当に……帰ってきた……。
ミンフィリア:賢者ルイゾワが言っていたわ。あなたによろしく、と。
ミンフィリア:本当に、無事でよかった……。

アルフィノアリゼー

アリゼー:まるで第七霊災なんて、忘れてしまったかのよう……。

アルフィノ:気付いたかい、アリゼー。
アルフィノ:各国の盟主たちは「光の戦士たち」を引き合いに出さなかった。
アルフィノ:「光の戦士たち」は第七霊災からエオルゼアを救った英雄だ。
アルフィノ:その英雄を出さなかったということは、各国が、それぞれに自立を模索しているということ。
アルフィノ:いいかい、アリゼー。明日のために、未来のために。第七霊災は過去にしなければならないんだよ。

アリゼー:お祖父様は、あんな奴らに未来を託したわけでも、組織を残したわけでもないわ!
アリゼー:私は…。私のやり方で、世界の明日を見つけて見せます。

「光の戦士たち」と「光の戦士」

ミンフィリア : 5年前、混乱の渦中だったエオルゼアは「光の戦士たち」と呼ばれる英雄に救われた。
ミンフィリア : エオルゼアを渡り歩き、数々の蛮神を倒してきた、
あなたこそが、あの時の「光の戦士たち」だと噂する人々も居るわ。
ミンフィリア : もちろん「超える力」を持つわたしは、真実をちゃんと覚えている……。
でも、そんなことはどうでもいいの。
ミンフィリア : わたしは、あなたをエオルゼアに生きる、ひとりの勇敢な冒険者としてお願いしたわ。
ミンフィリア : 過去の英雄は記憶の中に消えた。でも、あなたが……。
ミンフィリア : あなたこそが、今このエオルゼアを救うために、
母なるクリスタルに導かれた「光の戦士」だと、そう信じています。
ミンフィリア : 行きましょう!神々に愛されし地、このエオルゼアを救済するために!

失われた記憶

カヌ・エ・センナ : シド殿!今からでもエンタープライズを出せませんか!
カヌ・エ・センナ : あの冒険者と、ここに居る「暁の血盟」は、今の時代を生きる「光の戦士たち」なのです!
カヌ・エ・センナ : 私たちはもう2度と、「光の戦士たち」を失ってはなりません!
シド : わかっていますって!しかし無茶だ、あの爆発なんですよ!?
アルフィノ : ええい、どうすればよいのだ!
ミンフィリア : 光よ、クリスタルよ……。どうか、あの人を導いて……。

ヤ・シュトラ : そんな……あの人が……!?
イダ : ウソッ!?ホントにッ!?
パパリモ : やっぱり、そうだったんだ!
カヌ・エ・センナ : 聞こえましたか、今の声!?
メルウィブ : 聞こえたとも!光の意思が……光のクリスタルの声が聞こえた!
ラウバーン : そうか、あやつが……。あやつが、5年前に我々を救ってくれた、「光の戦士たち」だったんだな……。
ラウバーン : そうなんだな、シド!
シド : 今頃思い出したのかい、お偉いさん方!そうさ、あいつこそ英雄だ!
シド : このエオルゼアを2度も救った、真の英雄だ!
ミンフィリア : ……みんな……記憶が戻ったのね……。よかった……。




経緯

  • インタビューで次のように語っている

    例えば新しくRPGを発売しますと言うときに、「FF1」だとかつて「闇の時代があり、4人の戦士たちが闇を振り払い、のちに彼らは光の戦士と呼ばれるようになった」という伝承があってゲームが始まるじゃないですか。あの部分が「第七霊災」です。だから新生「FFXIV」から始める方は、へーそういう前日譚があっての世界なんだねという。そこがリアルに、確かに2年間存在します。それがなかったら新生「FFXIV」は存在しませんので。ただ、新生「FFXIV」から見れば本当にプロローグという形に、僕らはそう認識して作っています。

関連項目

時代の終焉】【第七霊災】【クリスタル

ルイゾワ】【暁の血盟】【ミンフィリア

アルフィノ】【アリゼー】【闇の戦士