三重の幻術皇

三重の幻術皇(みえのげんじゅつこう / the three Seedseers, the Seers)

幻術皇

  • 幻術皇は、森の精霊たちと心通わせることができるとされ、グリダニアの民からの尊崇を集めている。
  • 英文では「a great Seedseer」などと記述されており、複数の場合には「the Seedseers」となる。

三重の幻術皇とは

  • 当代の幻術皇は、センナ家の3人の姉弟が幻術皇であり、そのために「the three Seedseers(三重の幻術皇)」または、単に「the Seers」と記述されているようだ。
  • 現在のグリダニア幻術皇は、「三重の幻術皇」と呼ばれ次の3名を指す。
    • カヌ・エ・センナ(長女 / Kan-E-Senna)
    • ラヤ・オ・センナ(次姉 / Raya-O-Senna)
    • ア・ルン・センナ(末弟 / A-Ruhn-Senna)

ハウケタ御用邸

  • もともと歴代の幻術皇の住まいとして使われていたものだったが、改革者として知られた先々代の幻術皇が「贅沢に過ぎる」として手放したという。
  • この邸宅を買い取ったのが、ダルタンクール家である。

トトラクの千獄との関係

  • 先々代の幻術皇は、かつて密猟者や森林放火魔といった重犯罪者を収監するために利用されていたトトラクの千獄を、人の道に反するとして30年前に閉鎖されたという。
  • また第六霊災時の幻術皇は、グランドカンパニーを設立し災いに立ち向かったという。