七大天竜


七大天竜(ななだいてんりゅう / The First Brood)

SevenDragons.jpg
  • 「始祖たる七竜」
Table of Contents

概要

ティアマット:始原の時、生まれたばかりのこの星に、
我が父、ミドガルズオルムは降り立った。
……七の卵を携えてな。
In a time before time, my father did come to this star, bearing seven eggs.
ミドガルズオルム:そして、成長した我が子ら……
後に「七大天竜」と呼ばれる者たちは、
ハイデリン各地の大陸へと飛び立ったのだ。
From these eggs did my children hatch.
And once they were full-grown,
they took wing and spread across all the lands of Hydaelyn.
  • 原初の竜「ミドガルズオルム」には七匹の子がおり、7頭の竜王たちはイシュガルドでは「七大天竜」と呼ばれている。
  • 同時期に七匹生まれたため、彼・彼女らは兄妹という事になる。
  • 現在エオルゼアに棲む竜王は2匹とされる。

七大天竜一覧

異名名前説明
邪竜Nidhogg
ニーズヘッグ
イシュガルドの祖トールダンハルドラスら12騎士が対決した竜。「竜騎士」のジョブクエストに登場する
聖竜Hraesvelgr
フレースヴェルグ
人を愛した竜。しかし人を信じた事でラタトスクが謀殺された責任を感じ、ニーズヘッグに片眼を渡す
詩竜Ratatoskr
ラタトスク
1000年前にトールダンにより謀殺される
光竜Bahamut
バハムート
死亡。アシエンに唆されたティアマットの願いで蛮神化。ダラガブ内に封じられ第七霊災で封印が解ける
闇竜Tiamat
ティアマット
バハムートと共にメラシディアに渡るが、アラグ帝国の侵攻を受け捕縛、アジス・ラーで捕らわれている
不明Vrtra
ヴリトラ
不明Azdaja
アジュダヤ

七大天竜の図

  • 右上のイラスト

竜詩戦争

融和の時代と人の裏切り

  • いまから1200年前、シヴァフレースヴェルグの種を超えた愛により、竜と人とは融和の時代を迎えていた。しかし竜と交わるに連れ、人は、七大天竜の力の源が「眼」にあることを知ることになる。
  • それから200年後、時のイシュガルドトールダンは、欲望に負け竜の力を手に入れるべく配下の騎士と共謀しラタトスクを謀殺する。そして、その双眸をくり抜き、騎士たちとともに「竜の眼」を喰らうことで人を超えた力を手に入れた。

ニーズヘッグの復讐

  • その後のニーズヘッグの目的は、イシュガルド王と騎士たちの子孫であるイシュガルドの民を永遠に苦しめ、生かさず殺さずの戦いを続けることで人々を疲弊させ、その中から竜族の軍門に降るものが現れるのを待つことにした。
  • その異端者たちに竜の血を飲ませることで、ラタトスクの眼を喰らったことで身のうちに竜の因子を宿して生まれてくる王と騎士たちの子孫は、内なる因子が目覚め、そして竜の眷属へと生まれ変わる。
  • これを永遠に支配することでトールダンと騎士たちの子孫であるイシュガルドの民に復讐することがニーズヘッグの狙いという。

ニーズヘッグ(Nidhogg)

フレースヴェルグ(Hraesvelgr)

ラタトスク(Ratatoskr)

バハムート(Bahamut)

ティアマット(Tiamat)

ヴリトラ(Vrtra)

  • 七大天竜の一翼
  • 世界設定本で明らかになった。
  • ヴリトラとはヒンドゥー教の神で、巨大な蛇の怪物。その姿は蛇のほか、雲や蜘蛛だとも描写される。
  • インドラ神とは敵対関係にあり、インドラに殺されることとなる。ヴリトラはその巨大な体で水を塞き止めて山の洞窟に閉じ込めていたが、インドラは、工匠トヴァシュトリが作った武器・金剛杵(ヴァジュラ)を用いてヴリトラを殺害した。ヴリトラがインドラに倒されると、水が解放されて、雌牛の咆吼のような音を立てながら海へと流れていった。この功績により、インドラはヴリトラハン(ヴリトラ殺し)の異名を得た。
  • FF11では、龍王ランペールの墓に出現するウィルム族のHNMとして登場した。

アジュダヤ(Azdaja)

  • 七大天竜の一翼
  • 世界設定本で明らかになった。
  • 東欧・中欧を代表するドラゴンをスラブ語でズメイ (Zmey) と呼ぶが、セルビアではこのズメイを指してアジュダヤと呼ぶ。
  • FF11では、アビセア-グロウベルグに出現するウィルム族NMとして登場した。

公式発言

吉田 “七大天竜”のうち、ニーズヘッグ竜騎士ジョブクエストですでに登場しています。ご指摘のとおりバハムートも”七大天竜”の1体です。ほかにも『FF』でおなじみのティアマットも。それ以外のドラゴンストーリーの進行とともに姿を現すと思いますが、バハムートがどのような運命をたどって蛮神として召喚され、古代アラグ帝国に捕まったのかという話も、サイドストーリーの中で語られていきます。

関連項目

ミドガルズオルム】【フレースヴェルグ】【ニーズヘッグ】【ラタトスク】【バハムート】【ティアマット】【ドラゴン族