マーチ・オブ・アルコンズ

マーチ・オブ・アルコンズ(Operation Archon)

この作戦には、各国のグランドカンパニーを始め、 リムサ・ロミンサの海賊諸派や、ウルダハの共和派など、 総勢で、12の大きな組織が参加している。 そこで、付いた作戦名が「マーチ・オブ・アルコンズ」。 ……十二賢者の行進ってわけだ。

Table of Contents

概要

経緯

  • エオルゼア各地にカストルムを建設し勢力を伸ばしたガレマール帝国は、エオルゼアの各首領のもとへ最終通告を行う。
  • これを受け、三国首脳はウルダハの「香煙の間」に集まり、三国首領による会談を行う。(三国首領会議)
  • 会議の流れは降伏へと進みかけたが、そこへ暁の血盟ミンフィリアアルフィノシドらが登場し説得を行い、一転帝国との交渉決裂へと大きく動くことになる。
    アルフィノ : 「暁の血盟」は、失われてなぞいないッ!
    メルウィブ : ミンフィリア、アルフィノ殿、それに……シド!?
    カヌ・エ・センナ : あなたも……みんな無事で……。
    ラウバーン : お前たち……生きていたのか!!
    アルフィノ : どうしたのだ、諸国の首領よ!エオルゼアの民はみな、気高く、誇り高く、雄々しいのではなかったのか!
    ミンフィリア : 蛮神を倒すために、大きな力に頼るのは間違っています!
    ミンフィリア : 大きな力を用いて蛮神を倒したとしても、結局は、それより大きな力を求めて、
    新たな民が新たな蛮神を生み出すだけ……。
    ミンフィリア : 蛮神とは、混乱と絶望の内に、民が祈り、願うことで生まれいずるもの。
    ミンフィリア : ならば、その世を正さない限り、蛮神は生まれ続けるのです!
    アルフィノ : それに、帝国と同調などありえない。奴らが力でエオルゼアを支配する未来……。それこそ、暗黒の時代が訪れるぞ!
    ミンフィリア : 目の前の問題は、自分たちで解くことに意味があります。安易に力という解答に頼るのは怠惰よ。
    アルフィノ : エオルゼアの平和とは何だ!?5年前、みなが命がけで戦ったのは何故だ!?真の平和と自由を勝ち取るためだろう!?
    アルフィノ : エオルゼアは、まだ牙を失っていない。そうだろう!?
    ミンフィリア : わたしたち「暁」の明かりは、再び灯ったのです!
    ミンフィリア : 今こそ、もう一度心をひとつに!
    エオルゼアを救うために!
    シド : 真の商人は、未来の利のために財を投じるもの。そうなんだろ、牛親父。

作戦概要

第1段階

第2段階

第3段階

  • この状況下において、「前哨基地」襲撃後の「冒険者選抜部隊」が要塞内へ侵入し「アルテマウェポン」の破壊を目論む。

第4段階

作戦結果

新たなる蛮神

関連項目