ビギナー

ビギナー

  • プレイヤーのオンラインステータスのひとつ。
    冒険者指導教官 : 私は、冒険者ギルドに属する「冒険者指導教官」。
    冒険をはじめたばかりの者への援助を、主に担当しているんだ。
    冒険者指導教官 : ……君はどうやら、まだ新米の冒険者のようだね。
    これから、どう冒険をしていいか不安もあるんじゃないかい?
    冒険者指導教官 : エオルゼアで冒険をはじめたばかりの新米たちのことを、
    我がギルドでは、「ビギナー」と呼んでいるんだ。

パッチ4.0での変更点

  • レベル上限の開放にともない、ビギナープレイヤーのサポート範囲を拡大するため、オンラインステータス「ビギナー」が有効になる条件が以下のように変更されます。
    変更前変更後
    以下のいずれかが該当
    ・プレイ時間が168時間未満
    メインクエスト「希望の灯火」をコンプリートしていない
    以下のいずれかが該当
    ・プレイ時間が168時間未満
    メインクエスト「宿命の果て」をコンプリートしていない
  • ※パッチ4.0公開以前にオンラインステータス「ビギナー」が外れているキャラクターは、どちらかの条件を満たしている場合、テキストコマンド「/beginnerstatus(/bstatus) on」を実行すると、再度ビギナーステータスを有効にできます。
Table of Contents

概要

  • いわゆる「若葉」マーク。
  • 「ビギナー」はプレイヤーのオンラインステータスの一つであり、下記のいずれの条件を満たしている場合に限り設定することができる。
    1. プレイ時間が168時間未満
    2. メインクエスト「宿命の果て」をコンプリートしていない ※パッチ4.0で変更
  • つまりビギナーを卒業するのは、「168時間以上」および「蒼天メインクエストコンプリート」を満たした時点となる。イシュガルドイディルシャイアにビギナーアイコンをつけたプレイヤーがいたとしても、168時間未満の条件を満たしているということになり問題はない。

ビギナーステータスの解除

一度ビギナーを解除すると、二度とビギナーには戻れないため注意が必要。

  • ゲーム開始時、自動的に「ビギナー」ステータスとなるが、これは手動で解除することができる。

メインコマンド「コミュニケーション」→「パーティメンバー」に表示される自PCのサブコマンドの「サーチ情報の編集」→「オンラインステータス」から変更することができます。

  • またテキストコマンドを入力することでも解除できる。
    /beginnerstatus off
    
    または
    
    /bstatus off
    • 上記のいずれかをコピーした上でFF14のチャットウィンドウにペーストし、Enter(改行)すればコマンドが実行されビギナーステータスが解除される。

ビギナーの特典

  • パッチ3.2でビギナーを支援するためのチャットルーム「ビギナーチャンネル」と、そこでビギナーをサポートする「メンターシステム」が実装された。
  • メンターとはFF14の様々なコンテンツに習熟したプレイヤーであり、一定の基準を満たしたうえでNPCに申請して認定を受けたプレイヤー。
  • メンターチャンネルでは、ビギナーに加えてこのメンターとが参加しており、ゲーム内の様々な疑問などを質問することなどができる。

問題など

  • ビギナー設定できるのはゲーム開始後の累積プレイ時間で一律判定され、その後自分の意志でビギナー設定をすることは出来ない。この仕様については議論がある。
  • これについてはフォーラムで開発コメントが出ている。

    現状の「プレイ時間が40時間以内」という条件では、 プレイ状況によっては各種コンテンツを十分に体験できないまま ビギナーステータスが外れてしまう場合があるというご意見をいただいていることから、 条件の変更/追加を検討しています。
    http://forum.square-enix.com/ffxiv/threads/283310?p=3591678#post3591678

変更履歴

パッチ3.25での変更点

  • ビギナープレイヤーのサポート範囲を拡大するため、オンラインステータス「ビギナー」が有効になる条件が以下のように変更されます。
  • 以下のいずれかが該当する
    • プレイ時間が168時間未満
    • メインクエスト「希望の灯火」をコンプリートしていない
  • ※パッチ3.25公開以前にオンラインステータス「ビギナー」が外れているキャラクターは、上記の条件を満たしている場合に、テキストコマンド「/beginnerstatus(/bstatus) on」を実行することで、再度ビギナーステータスを有効にできます。

関連項目