神域浮島ネバーリープ


ネバーリープ(Neverreap)

Table of Contents

概要

名前の由来

  • ネバーリープとは、バヌバヌ語をエオルゼアの共通語(英語)に訳したもので、“手付かずの自然が残る島”という意味である。

    バヌバヌ語をエオルゼアの共通語(英語)に訳したもので、直訳するなら“未だかつて、一度も収穫されたことがない”という意味になります。つまり、バヌバヌ族の手で開墾されていない、“手付かずの自然が残る島”という意味合いになりますね。

開放条件

報酬

  • 宝箱からIL160のレベル60制限装備が入手できる。
    • ヴァレリアンシリーズ

攻略

ザコ

  • 浮島の間を移動しながらの戦闘で、竜巻のようなものが移動しているので竜巻のこないところに敵を誘導して片付けながら進む。

1ボス:ヌニエヌンク

  • 途中で雲に隠れ、「ヌニエヌンクの影」が現れる。
  • 影は近づかないと見えない。
  • 時折「羽根」を設置してくるので処理する。

2ボス:カヌバヌ

  • 円形フィールド
  • トーテム像を落とし、「トーテム再生」でうち一つの周囲に紫色の陣がはられるので、その陣の範囲内にあるトーテムを担いで外に出す。
    • トーテムを調べると持ち上げ、移動した後「輸送中」のアイコンを右クリックすると落とすことができる。
    • 後半になると数が増え、ボスの動作も止まるため4人全員で運ぶ。

3ボス:ワウッケオン

  • 落下のある円形フィールド。落下すると戻れない。
  • 「神域の竜巻」
    • 竜巻数体を呼び出す。触れると浮き上がった後落下してダメージ
  • 「神域の旋風」
    • 水泡と旋風が出現しメンバー1名をターゲットして攻撃。
  • 強風の渦をまとうとフィールド内を移動。
    • 端に移動しボス中心範囲がでたあと弾き飛ばされるのでボスに近づかないと弾き落とされる。