ニーズヘッグ

ニーズヘッグ(Nidhogg)

ニーズヘッグ
Table of Contents

概要

幻龍ミドガルズオルムが生み出せし、七頭の竜王「七大天竜」の一翼。
「千年戦争」を繰り広げるイシュガルドの仇敵であり、「邪竜」とも呼ばれる
建国の英雄である豪胆将「トールダン」を殺害し、
その子征竜将「ハルドラス」に片眼をくり抜かれて退けられた存在として、
イシュガルド建国神話にも登場している。

ニーズヘッグ

イシュガルド建国神話とニーズヘッグ

  • 建国神話によると、クルザスはニーズヘッグにより支配されていた
    千年の昔、新天地を求める長き旅の果てに、最初の移民団がクルザスに辿り着いたとき、
    かの地は悪しき竜「ニーズヘッグ」によって、支配されていたという。
  • 南の平地に暮らしていたイシュガルド民の祖先が、戦神ハルオーネの天啓を受けた「トールダン(Thordan)」に率いられて約束の地であるクルザス中央高地を目指し北上した。その際、深く険しい谷を越えるためにトールダンが橋を架けようとしたが、そこに「ニーズヘッグ」が襲いかかってきたという。
  • トールダンは、竜と竜に唆された者により谷へ突き落とされ死んでしまう。しかし彼の息子「ハルドラス(Haldrath)」が槍をとり、ニーズヘッグに果敢に挑みニーズヘッグの「眼球」をくり抜き、退けた。邪竜ニーズヘッグは、その後イシュガルドの長き歴史において8度目覚め、その度に数多の血と涙がイシュガルドの大地へ注がれたとされる。なおニーズヘッグの繰り抜かれた「眼球」は、イシュガルドの宝珠「竜の眼」としてイシュガルド教皇庁に秘蔵されている

蒼の竜騎士とニーズヘッグ

  • ニーズヘッグの最後の目覚めは今から15年前のことで、ドラヴァニアの地にて100年の長き眠りから目覚めた邪竜ニーズヘッグはクルザス地方に襲来。手当たり次第に村落を襲い、破壊し、焼き払った。
  • ニーズヘッグの狂気に誘われてか眠りについていたドラゴン族も次々と目覚め、イシュガルドの空はたちまち無数の竜に覆われたという。陽は遮られ、重苦しい闇がイシュガルドを飲み込んだという。

ニーズヘッグの眼

ハルドラスにより双眸を奪われる

フレースヴェルグから片眼を奪い取る

ニーズヘッグの復讐

  • 両目を奪われたニーズヘッグの復讐は、人よりもはるかに長い時を生きる竜族ならではのものであった。
    エスティニアン:常々、思っていたことがある……。
    ニーズヘッグが本気になれば、いつでもイシュガルドなど滅ぼせるだろうに、と。
    これで得心がいった。
    「竜詩戦争」を続けることが、奴にとっての復讐であり、
    妹に捧げる鎮魂歌というわけか。

ニーズヘッグの位

  • まだ旧FF14の運営されていた時代、一部でニーズヘッグやミドガルズオルムドラゴン族の神=蛮神ではないかという指摘があったが、公式回答が出ていた。

    ちなみに「竜族」もエオルゼアの人々が呼ぶ「蛮族」に該当します。つまりは……。

    ニーズヘッグは神ではなく竜族の高位に位置する竜、ミドガルズオルムも特別ではありますが神ではありません。

    人間にとっても王は時代によって何人もいますよね。今言えるのはこれくらいです。

ニーズヘッグ征竜戦

イシュガルド雲廊にて、冒険者と最後の戦いを繰り広げる。

眷属

ヴィシャップ(Vishap)

ティオマン(Tioman)

ダークスケール(Darkscale)

  • 邪竜の眷属
  • 竜詩戦争において幾度となくイシュガルドの軍勢に煮え湯を飲ませてきた存在。
  • トゥバン、エルタニン、ラスタバンなど多数の悪名高い眷属を従えている。
  • 竜と人との融和を象徴する「白亜の宮殿」を破壊しようと企んでおり、白竜ヴェズルフェルニルと対立している。

アイアタル(Aiatar)

関連項目

七大天竜

イシュガルド】【トールダン】【ハルドラス】 【エスティニアン

竜騎士】【蒼の竜騎士