スタッフ/織田万里

織田万里(おだ ばんり)

概要

  • FF14では当初「世界設定」として登場した。
  • その後、前廣氏の担当が変化し、この織田氏が世界設定に加えてメインシナリオについても担当している。
    • ※2016年3月時点では前廣氏は「メインシナリオライターとイベント廻りのディレクション」、織田氏は「役職としては世界設定担当をしております。その上で個別にプロットやテキストの監修というのを自分がやっている」と自己紹介している。ただし「蒼天のイシュガルドパッチ3.0から織田氏がメインシナリオを担当している。
    • 2017年の4周年14時間生放送では「名刺にはプランナーとしか書いてないです」と話している。

経歴

  • ゲーム開発する前は攻略本担当の編集者だったという。
  • 松野泰己氏に会いたくて「タクティクスオウガ 運命の輪」の攻略本担当になり、インタビュアーをやったことがあると話している。
  • この時がいちばん労働時間長かったという。
  • 「#はじめてのFF14」というタグで次のように語っている。

    旧FF14のオープンβにて、フレンドと同サーバーで開始。待ち合わせ場所に選んだクイックサンドの扉がラグで開かず、合流できずに終了。後に、その事を採用面接でK氏に伝え「ゲームになってなかったですね」と感想を述べたところ、採用されるという珍事

  • この話からすると、FF14開発への合流は新生からということになるが詳細は不明。

ガンダムネタ

  • ガンダムネタを仕込むのはだいたい織田氏だという。
  • FATEのテキスト書いていて精神状態がおかしくなるとガンダムネタが入るという。
  • 好きなモビルスーツは「ザク」

世界設定

  • FF14の世界に登場するの地名や命名規則などは、まず世界設定班からマイケル氏に日本語による原案が伝えられ、それを元にマイケル氏をはじめとするローカライズチームが英語名で地名など考案、そこからさらに日本語へと変換されるという手順を踏んで開発される。

    FF14に出てくる、地域や国家、宗教、歴史、種族モンスター、アイテム。こうしたすべての要素の設定を考えるのが仕事となります。

  • これは当初から日本以外の国での展開を前提と敷いているため。

嗜好

  • 個性付けをする上で、欠点があるキャラクターが好きと話している。
  • 蒼天のイシュガルド」で登場するエスティニアンを取り上げ、竜騎士ジョブクエストで登場したときには強さとミステリアスさが全面に出ていたので、個人的には好きではないキャラクターだったが、メインシナリオを書いていく過程で彼の欠点や不器用な綿が出せて好きになったという。
  • ファンフェス2016で紹介された時の画像。
    gBXpy7f.png
    • マイケル氏の趣向か、ふざけた内容になっている。

動物好き

  • 自宅では、猫、犬、魚、ハムスター、イタチなどを飼っているという。

公式

  • 2016年3月の「開発者紹介トレーラー:シナリオ&世界設定編(Dev Diary Chapter Two: Story and Lore)」動画