スタッフ/岩尾賢一

岩尾賢一氏

  • 元FF14開発者のひとり
  • 元スクウェア社員
Table of Contents

FF11時代

  • FF11の開発スタッフで、プランナーや世界設定などを担当。
  • FF11の世界観を補強するストーリーヴァナ・ディール・トリビューンII」の執筆も担当している。
  • SQUARE ENIX PARTY 2007において、次のように紹介されている。

    MC:岩尾さんは世界設定を担当している方で、現在では大規模なイベント、クリスマスや最近では練武祭ですね。イベントの告知に読み物として登場する物語を書いていたり、ゲーム内のクエストとして岩尾さんの書かれた読み物が導入されるなど、トリビューンの頃から色々と形を変えて登場しています。

    河本氏:岩尾の担当では、最近では五蛇将のクエストがそれに当たります。岩尾の頭の中にしかない設定というのが山ほどありまして(笑)、それを表に出すとき、岩尾が書いた読み物とするか、そこにイベント演出の手間を加えてクエストの形にまでするかどうか、いつも悩みどころです。

FF14時代

  • FF14(ファイナルファンタジーXIV)では、プランナーとしてFF11以上に広範囲に関わっているとのことで、発売記念イベントでは「コンセプトデザイナー」として登壇していた。
    • 登場キャラクター、装備品、舞台などの原案や設定、名称
    • アイテムやギルドリーヴなど様々なモノに関する設定や流通
    • 生産やショップなど流通に関わるものの設計

DeNA

  • その後2011年9月に株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)に入社していたことが明らかとなっており、本人のFacebookページでも勤務先情報が「ディー・エヌ・エー」となっている。

株式会社オリフラム

  • さらにその後、2014年2月に設立された池田隆児氏が代表を務める株式会社オリフラムに参画していることが発表されている。

旧FF14アイテム呼称問題

  • 旧FF14のβテスト段階において、多くのアクション名やアイテム名が「馬鳥(チョコボ)」に代表されるように漢字に変更され、同時期に発表された中国への進出の記事とあわせてプレイヤーの間に大きな不安と動揺が走った。
  • 当初は「世界観目的」という説明を行っていたが、次第に大きくなる声に対応して田中Pから「漢字が多いアイテム名は担当者の趣味である」というつぶやきがあった。

    難しい漢字が多いのは昔からの担当者の趣味なんですが、確かにわかりにくいものもあるので、「馬鳥」含めタイミングみて修正してもらうことにしました。

関連項目

スクウェア・エニックス

スタッフ:【Sage Sundi】 【マイケル・クリストファー・コージ・フォックス】 【ミニオン同盟】 【三石祐次】 【佐藤制】 【佐藤弥詠子】 【前廣和豊】 【千葉知樹】 【吉田明彦】 【吉田直樹】 【和田洋一】 【室内俊夫】 【岡田厚志】 【市田真也】 【政尾翼】 【新納一哉】 【松井聡彦】 【松野泰己】 【橋本善久】 【河本信昭】 【片山理恵子】 【田中弘道】 【皆川裕史】 【祖堅正慶】 【織田万里】 【鈴木健夫】 【馬場敬一】 【髙井浩】 【髙橋和哉