ジョブクエスト

ジョブクエスト

パッチ4.0での変更点

  • バトルシステム変更にともない、対となるクラスが存在するレベル30のジョブクエストの受注条件から、「サブクラスレベル15以上」の条件が削除されます。
    • 例えば、ナイトのジョブクエストは「剣術士レベル30/幻術士レベル15」が受注条件でしたが、この変更により「剣術士レベル30」のみで受注できるようになります。
Table of Contents
ジョブクエスト
ジョブクエストレベル1~50
ジョブクエスト(蒼天編)レベル50~60
ジョブクエスト(紅蓮編)レベル60~70

  • 拡張ディスク「蒼天のイシュガルド」で実装された「暗黒騎士・機工士・占星術師」の3ジョブについては、初期に選択することはできない。これらのジョブを習得するには、「蒼天のイシュガルド」のプレイ権利と、レベル50以降のメインクエストを進め皇都イシュガルドに入った後となる。
  • 拡張ディスク「紅蓮のリベレーター」で実装された「侍・赤魔道士」の2ジョブについては、初期に選択することはできない。これらのジョブを習得するには、「紅蓮のリベレーター」のプレイ権利と、レベル50のファイター・ソーサラーが必要となっている。

概要

なおジョブクエスト・クラスクエストのバトルで敵に勝てない場合は、次の何れかに該当するケースがほとんどとなっている。何れの場合も、ログを良く確認すること。

  1. 【倒す順番が間違っている】:「~~を倒せ!」「ヒーラーを先に倒せ!」などと指示が出ている。出ていない場合でも、敵が複数種類出る場合はまずヒーラー、次にキャスター、遠隔DPSの順に倒すとクリアできる可能性が高い。
  2. 【倒し方が間違っている】:敵の倒し方について指示が出ているのにそれを無視している。例えば途中で雑魚が湧く場合などは、途中でログに「~を倒せ!」「お前は~を頼む!」などと指示が出ている。また「~~で戦え」などと戦闘アクションなどを指示される場合もある。


ジョブクエスト

クエスト発生

  1. 該当クラスレベル30 ※パッチ4.0でサブクラス育成は不要となった
  2. 新生ジョブ(蒼天・紅蓮新ジョブ以外)新生エオルゼアレベル20メインクエスト「青葉の思惑」クリア各クラスレベル30のクラスクエストクリア
    ※三国ダンジョン → Lv20でイフリート討伐 → グランドカンパニー所属 → 「青葉の思惑」
  3. 【蒼天新ジョブパッチ2.55実装のLv50メインクエスト「希望の灯火」クリア&ファイターソーサラーのいずれかのクラスをレベル50
  4. 【紅蓮新ジョブ:拡張ディスク「紅蓮のリベレーター」プレイ権利&ファイターソーサラーのいずれかのクラスをレベル50

レベル35からのNPC

  • なおレベル35からは別のNPCからジョブクエストを受けることになるため注意が必要。
  • また黒魔道士についてはレベル45からも変化する。カザグ・チャーは、東ザナラーンのドライボーンからハイブリッジを渡り右奥の洞窟の中にいる。

ジョブクエストのバトル

  • 各ジョブクエストで戦闘があるが、指定条件を満たしていればクリア可能となっている。
  • ただし、1クラスのみレベル30到達状態など戦闘に自信がない場合には、次のような手を考えてみるのもいいと思われる。

召喚士ジョブクエスト



クリア報酬

ソウルクリスタル

  • 「ソウルクリスタル」は、キャラクター情報画面の装備右下の「ジョブロット」に装備することでジョブチェンジする。
  • 念の為にギアセットリストを開き、新たにジョブチェンジ用のギアセットを保存しておくといいだろう。保存したギアセットをホットバーにセットしておくことで、すぐにジョブチェンジができるようになる。

ジョブ専用アクション

アーティファクト装備(AF防具)

  • ジョブともにレベル45で受けるジョブクエストでアーティファクト装備4ヶ所(頭・脚・手・足)を集め、レベル50のジョブクエストでアーティファクト胴装備を入手するという流れになっている。
    • その後の緩和により、レベル50で「神話装備」(IL90)も入手するように変更されている。

アーティファクト装備(AF2防具)

  • ジョブともにレベル60で受けるジョブクエストで「~チェスト」を入手し、使用することでAF2装備(IL200禁書装備、未強化)5ヶ所(頭・胴・手・脚・足)が手に入る様になった。※パッチ4.0以後?



ジョブクエスト攻略

  • 武器は今持っている中で物理基本性能または魔法基本性能が最高のものを持っていったほうがいいと思われる。
  • どのクエストもそのジョブの使いこなしをある程度できるようになっていればクリア可能なバランスとなっている。不安があるようならインスタンスダンジョンで練習を積むか、またはかかしを相手にスキル回しを確認しておくといいだろう。
  • またいざというときのためにハイポーション以上を所持(またはケアルやフィジクの習得)しておけば余裕を持って戦えるかもしれない。

学者:レベル50「次代の学者

  • 比較的難しい方のジョブクエスト
  • 2体+2体の雑魚を倒し、奥へ進んでアルカ・ゾルカと合流して戦闘
  • 次々と敵が湧いてくるため、クルセードスタンスに切り替えDoTやシャドウフレを入れつつエナジードレインで攻撃、アルカ・ゾルカが力尽きないようフィジクで回復していく
  • エーテルフロー管理とクルセードスタンスの切り替えを確実に行うことができれば意外と簡単にクリアできる

召喚士:レベル50「邪道と正道」

  • 比較的難しい方のジョブクエスト
  • トリスタンとベリアス・エギとの戦闘
  • まずこちらはタイタンエギで攻撃を引き付けサステインでタイタンの回復を行いながら、範囲攻撃を食らわないように距離を取りつつDoTやシャドウフレアなどでベリアス・エギを一気に攻撃する
  • 半分程度まで削ると次はトリスタンとの戦闘になる。ここでイフリートエギに切り替えるといいだろう。途中で雑魚が湧くが、これもDoTやエナジードレインなどで素早く撃退すればトリスタン本体との戦闘になり楽勝となる。ベリアス・エギをいかに早く倒すかが勝負

白魔道士:レベル50「鎮撫の儀」

  • 長老の木を守る内容
  • セリフを信じて雑魚をNPC任せにすると負けこんでしまう。
  • クルセードスタンス+ホーリーやストンラで一気に雑魚を片付けてしまい、その後全員で長老の木の回復に専念すれば楽勝

黒魔道士:レベル45「いざないの霧」

  • 比較的難易度が高めのクエスト
  • 南部森林ウルズの恵みでの戦闘で次々と敵が湧いてくるタイプ
  • 黒魔道士の基本スキル回しができていれば難易度はぐっと下がる
    • ファイガ-ファイア-ファイア、MP尽きたらトランス後サンダガ、MP回復したらファイガに戻る。
    • Proc(ファイガ/サンダガボーナス)が来たら今詠唱中のものが終わってから発動。
  • 雑魚にはスリプルを入れつつ個別に撃破し、雑魚沸きの速度に負けないように倒していく。

黒魔道士:レベル50「黒魔法の導き手」

  • ナルの祠で戦闘
  • 雑魚が沸くので、スリプルを入れつつ冷静に片付け、ボスにもDoTを入れつつ叩けばNPCがボスを削ってくれている



忍者:レベル30「月影の導き」

  • なお忍者クエストは、レベル30~45まで2つずつある。このうち前に受けられるクエストは、アクション習得用のクエストで、後ろに受けるものが試練的なクエストとなっている。
  • 例えばレベル30の「月影の導き」では「天の印」と「忍術」を習得でき、その後レベル30「刃と心で為すべきもの」ではその習得した術を使ってのバトルとなる。


忍者:レベル30「刃と心で為すがもの」

  • 先ほど習得した「天の印」と「忍術」を使っての修行。
  • オボロが言うとおり、距離を保っての忍術発動訓練となっている。
  • 鬼火が沸くので、忍術か投刃を使って倒そう。カエルが沸くので、鬼火を処理しながら倒そう。

忍者:レベル35「新たな印」

忍者:レベル35「朧と鴉」

  • まず習得した忍術の訓練で、屋外にある「木人」に、雷遁、火遁を打ち込み、オボロに話しかけた後、愚か者の滝に移動する。
  • カラス忍者クエストに登場するNPC)が現れるので、倒す。それほど強くはない。

忍者:レベル40「忍びの務め」

忍者:レベル40「隠密行動」

忍者:レベル45「奇妙な襲撃」

忍者:レベル45「心の形」

  • 新たな印の習得クエスト。途中オボロ部下とミニ戦闘
  • 最後にオボロとのインスタンスバトルがある。
  • 「紅嘴のカラス」と「インペリアル・ナイトシャドウ」×3。時間経過で陣が貼られコウモリが湧いてくるので陣を破壊する。
  • 最初にナイトシャドウの1匹のヘイトが自分を向いているので、これを処理してすぐに1つ目の陣を処理。コウモリとカラスを同時に範囲で焼き、その後2つ目の陣は無視しながらカラスを押し切れば勝利できる。

忍者:レベル50「雲晴れる夜に」

  • ラノシア忍者屋敷 → 愚か者の滝 → 低地ラノシア キャンドルキープ埠頭
  • その後イベントシーンがあり、「無明のゲッカイ」(天の影、地の影)とのバトルになる。
  • これは少々きついので、できればAFではなくモンク共用装備(ハイアラガンや戦記装備、クリタワ装備IL80や、シルクス装備IL100)を準備していったほうがいいと思われる。
  • 移動しながら印を結び発動する手順をマスターしていれば問題ないと思われる。



関連項目