侍・赤魔道士の育成


侍・赤魔道士の育成についてのまとめ

  • 紅蓮のリベレーター」で実装される新ジョブ」、「赤魔道士」についての育成方法、準備などをまとめていきます。
  • リリースは2017年6月20日で、それまでにできる準備と計画をしていくというのが趣旨となります。
  • 詳細判明していないところもあるため、発表され次第随時更新していきます。
    • 最終更新:2017年3月1日 ファミ通インタビューを反映
    • 2017年2月の時点で発表された情報に基づきます。
    • 紅蓮のリベレーター」リリース後は、メジャーパッチごとに情報の鮮度が落ち、効率的ではなくなる可能性が高いです。ご注意ください。
Table of Contents

前提

  1. 」、「赤魔道士」ともに新生エオルゼアエリアでジョブ習得できる
  2. ジョブ習得時にレベル50(確定ではない)
    • 新規実装ジョブにはジャンピングポーションは使えない
  3. ジョブ習得クエスト時に装備を数点入手できる可能性がある
  4. 装備は、事前発表通りならモンク用の装備が流用できる。また赤魔道士は、キャスター用装備が装備できる。
  5. レベル60以降のレベリングについては、「紅蓮のリベレーター」新規エリアでの作業になるため、リリースが近づくまでは詳細は不明。最初期は適正レベル帯のFATE、もしくはレベリングダンジョンが一番いいと思われる。
  6. すでにレベル60のクラス/ジョブがあり、アーマリーボーナスが効く状態のキャラクター。
    • ※2ジョブ目以降は、自動的に経験値取得ボーナスが入る。なお蒼天開始時にレベル50未満を対象にアーマリーボーナスが2倍になるように調整されたため、紅蓮開始時に2倍対象がレベル60未満になる可能性がある。

装備

クラフターを上げていてレベル59までの装備のHQ製作が容易な人の場合には、何も考えずにクラフター装備一択となる。

  • 蒼天3ジョブでは、習得時にレベル30制限の武器+胴+脚の3点セットが報酬として得られた。
  • 今回はどうなるのか不明だが、仮に蒼天時と同じとするとNQ装備なので、とりあえずないものとして準備を進めるものとする。
  • 育成途中の装備更新を忘れないように、アーマリーチェストに放り込んでおき、レベルアップ後には「さいきょう」ボタンを押すようにしよう。
  • 育成経路として死者の宮殿を選ぶ手もあり、レベル60まで死者の宮殿で上げ切る場合には装備更新の必要がない。必要な装備については、育成手順を先に考慮したほうが良いかもしれない。

武器

レベル50武器
レベル54以後の武器
  • 恐らく店売りの武器が追加される。赤魔道士ウルダハの新設ギルド内ではないかと思われる。侍は不明。
  • 死者の宮殿」で上げる場合は、赤武器(強化値30以上)にしておくほうがいい。
    • 副産物としてレベル60制限武器であるキンナ武器(IL255)が入手できる可能性あり。※侍および赤魔道士のDD武器が実装されない可能性も十分あり。

防具

レベル50~
レベル50~53での選択肢は3つ。
レベル52~
レベル54~
レベル56~
レベル58~
レベル60
  • 60になった時点で「蒼天のイシュガルド」最終ILにスキップできる。侍はモンク用、赤魔道士はキャスター用装備が流用できる。
  • もし両ジョブロール)とも育成していない場合は、6月までの間にアレキ(IL270) / 聖典(IL260/270)の装備群を揃えておくと楽になる。5月ごろには聖典の週制限が450から900に上がる予定なので、その頃に意識していればいいかと思われる。
レベル61~
  • レベル60~70の育成については、2017年2月の現時点ではまったく不明。
  • ただし蒼天の時と同様の仕様だと思われるので、アレキ / 聖典改(IL270)があれば、レベル63まではそのままの装備で進めることが出来ると思われる。
  • またレベル60(IL260程度?)以上の装備群もメインクエストで大量にばらまかれるため、安くなったときにマーケットで購入すればいいかと思われる。

アクセサリ

  • なおアクセサリについては、神殿騎士団リーヴ宝箱報酬である「虫入りアンバー」の交換で、レベル52(Il125)、レベル54(IL133)、レベル56(Il139)、レベル58(IL145)のアクセサリが交換可能となっている。リーブチケットが余っている人は神殿騎士団リーヴを回しておくのも手かと思われる。詳細は「神殿騎士団リーヴ」の項を参照。
  • アクセサリ交換に必要なアンバーは、すべてのアクセサリ1個につきアンバー1個になっている。
  • なお神殿騎士団リーヴ宝箱開けで一番効率がいいのは『討伐任務:リバーズミートの魔物退治』。これを受注して西部クルザス高地(31.3,33.6)の高台のへりに西(W)向きに立つ。
  1. ソロ状態でリーヴ開始
  2. リーヴ開始すると高台から移動せずに宝箱が確認できるので、見つかればフライングマウントに乗って開けて高台に戻る
  3. リーヴの「中止」を行う ※破棄は絶対に押さない
  4. すぐに「再挑戦」を押す
  5. 1に戻る
  • これをリーヴチケットがなくなるまで続けるだけ。基本的にエオルゼアが夜のほうが宝箱が確認しやすい。難易度はデフォルト、敵に絡まれても中止を押せば消える。リーヴチケットがなくなったら、最後は中止したままでリーヴは残しておく(表示がうっとおしいなら、クエスト一覧のリーヴ名の横にあるチェックマークを2回クリックして表示禁止にしておく。


レベリング方法

  • 一番効率がいいのは、4名でパーティを組んで適正レベルのレベリングダンジョン(あるいは死者の宮殿)に潜ることだと思われる。
  • ただし紅蓮最初期にわざわざタンクを上げる人を確保できるかといえば可能性が低く、なおかつ野良募集パーティでは、プレイスタイルやペース、価値観なども異なるため、再募集の手間などを考えれば下記の手順にした方がいいのではないかと思われる。

経験値取得ブーストアイテム類

基本
食事、レストボーナス
軍用バトルマニュアル
冒険者小隊報酬。

経験値獲得量+15% 効果時間 120:00 (同効果のカンパニーアクションによる効果を上書きする)

カンパニーアクション
フリーカンパニーアクション。ランク8条件。必要クレジット7,000

討伐経験値アップII 24時間(地球時間)、敵討伐時の獲得経験値が10%増加する

レベル50~

ザナラーンFATE
レベル50~のレベル上げのメッカ。人が多ければ回転が早く、連続FATEも取れれば最高効率となる。
場所を移ったり、次の場所を考えるのが面倒、装備更新が面倒ということであれば、レベル55~56程度まではこのFATEで粘ってもいいかと思われる。レベルシンククリックがめんどくさくなったら移動するなどでもOK。
デイリーモブハント
リスキーモブではない手配書モブの方。2万~3万弱程度入る。
  • 次の攻略手帳もあわせて、北ザナ飛んでみたけど人が少なかった時や、シャキ待ちなどの空き時間にやることでけっこう経験値を獲得できるのではないかと思われる。
攻略手帳
週1回制限。MIP5回投票とギルドオーダー3回で8万ほど入る。ギルドオーダーは全員でひたすら巨人を殴るだけの「彷徨う死霊を討て!」一択。

レベル55程度~

ディープダンジョン死者の宮殿
レベル50以降でかつB51階より下の層であれば、おおまかにレベルアップに必要な経験値量の2割程度が得られ、5回周回すれば1レベルアップとなる。1周20分程度。ただしループ感が強いため繰り返し周回するのは苦痛に感じる人が多いかもしれない。
  • 効率から行けば赤武器所持者限定で募集して、箱無視のB51~60周回が最高か
  • 副産物としてキンナ武器(IL255)が入手できる可能性あり。※侍および赤魔道士のDD武器が追加実装されない可能性も十分あるが、タンクヒラ実装しないということでDD武器テコ入れ期待。



今後も、6月までは追記予定です。

 
 

他のコラム

コラムへ戻る】 【FF14 Online Wikiのトップへ戻る