コブランオンライン


コブランオンライン

  • 2010年11月に行われたバージョンアップにより、高ランクでHPが高いモンスターを集団で狩る修練パーティが絶滅状態となり、代わりにランクの割にHPが少ないコブラン・ドブランをソロで狩る戦闘が主体となったことをいう。
  • 2011年3月4日のパッチ1.16で、コブランドブラン一族のHP引き上げが行われた結果、以前ほど楽に狩ることができなくなった。これにより、銀鉱の価格が一気に上昇した。

経緯

  • バージョンアップ前は、個々メンバーごとに使用したWS・アクションの修練値を加算していく関係上、長時間戦えかつ範囲攻撃を行ってくるエフトやラプトル、ペイストなどを狩る修練PTが主流であった。
  • しかし、想定以上の速さで初期カンストランクである50を達成するものの多さに驚いたのか、開発がその対策として打ち出したのが修練値計算の見直しであり、モンスターのランクがそのまま修練値として計算されることになり、よりHPが少なく、街に比較的近いエリアに分布する傾向のあるコブラン族が注目されることとなった。
  • これにより、ナナワ銀山のアイアンコブラン、カッパーベル銅山のドブランなどが絶滅寸前となっており、冒険者同士の取り合いも日々激化している。
  • 2011年2月3日のパッチ「1.15a」により、PTでの獲得修練値計算方法が大幅に見直され野良PTが復活しつつある。

影響

  • キャンプ・ホライズン北のレッドコブラン、ナナワ銀山のアイアンコブラン、カッパーベル銅山のペリドットドブラン、キャンプ・ブロークンウォーターのスフェーンドブランなどが絶滅寸前まで追い込まれ、冒険者同士による奪い合いが激化し、巨大掲示板での晒し行為も頻発するようになった。
  • またコブラン一族がドロップする銅鉱、亜鉛鉱、銀鉱などが値下がりし、また裁縫職人が買いあさったために高騰していたアースシャードも一気に値下がりしたほどであった。