ガレアン人

ガレアン人(The Garleans)

  • 人種のひとつ
  • ガレアン族
    エオルゼアの北東に位置するガレマール帝国の盟主といわれる民族ですね。
    でも、彼らについては情報がとにかく少なくて……
Table of Contents

概要

特徴

  • 額の中央に「第三の眼」を持つ。
  • 身体能力に優れる。
  • 一方で体内のエーテルを放出する能力が著しく低いため、先天的に魔法を扱うことができない者が多い。

第三の眼

  • 大ぶりの真珠のように見える器官。
  • この眼により、ガレアン人は優れた空間把握能力を持つ。

ガレアン族の歴史

  • 元は北洲イサルバード大陸の比較的温暖な中央山脈以南の土地に住んでいた。

魔法発達による迫害

  • ガレアン族は先天的に魔法を扱うことができない者が多い。
  • イサルバード大陸において魔法が発達するに及び、ガレアン族は中央山脈以南の土地を追われ北部地域に根拠地を構えざるを得なくなった。
  • 第六星暦922年にはガレアン族の国家「ガレマール共和国」が成立した。

青燐泉

  • ガレアン族が新たな根拠地としたイサルバード大陸北部は、冬季になると厳しい寒さに襲われる寒冷地であった。
  • 特に北に面した海は一年の大半が氷に覆われるため、海洋資源も活かしづらかった。
  • しかし、領内に「青燐泉」が存在していたため、この青燐水を燃焼させることで暖を取ることができたという。

共和制から帝政への移行

  • 初期は中央山脈に住まうルガディン族から魔法兵を雇い入れるなどしてかろうじて近隣国家に対抗していた。
  • 第六星暦1513年にソル・ガルヴァスが24歳で軍団長に就任すると、彼は当時実用化されたばかりの「青燐機関」に注目し、軍事予算の大半を割き先進的な兵器開発を成功させる。
  • こうして共和国の軍制改革を行って機械化を推進させたガルヴァスは、近隣諸国との戦いで絶大な戦果を上げることで都市民からの尊敬を集め、第六星暦1517年には独裁官に就任。第六星暦1522年には北洲イサルバード大陸の武力統一を成し遂げ、帝政への転換を宣言し、自ら「ガレマール帝国」の初代皇帝となった。

代表的なガレアン人

関連項目