オートアタック


オートアタック(auto-attack)

  • パッチ1.18で導入される戦闘システム
  • 近接攻撃を行う場合に、キーやボタンで通常戦闘を指示すること無く自動的に戦闘行動が行われるようになる。
Table of Contents

オートアタック化の対象

  • 弓術士の「ショット」、幻術士の「スピリットダート」、呪術士の「ファントムダート」、および「投擲」は、これまで同様にアクションを任意選択する形での実行となり、リキャストタイムが設定される。
  • クラフターギャザラーは、今まで通り投擲攻撃(つぶて打ち)の任意発動の攻撃のみとなる。
  • 新生ではギャザクラにもオートアタックが導入された。投擲攻撃は廃止。

オートアタック発動

  • 武器を構えてアクティブモードにする
  • モンスターをターゲットする
  • オートアタックが発動するまでモンスターに近づく
  • オートアタック発動
  • 以下、リキャストごとにオートアタックを行う

オートアタック化に伴う変更

  • オートアタック化に伴い、通常攻撃の廃止、アクションゲージの撤廃、一部アクションへのリキャストタイム設定追加が行われる。

通常攻撃の廃止

アクションゲージ廃止

  • オートアタック実装にあわせて「アクションゲージ」が廃止される。
  • アクションゲージに影響していたアクションは、効果の変更、もしくはオートアタックの攻撃間隔に影響する形に変更される。

リキャストタイマー追加

  • 以下のアクションにはリキャストタイムが設定される。
    • 格闘士:拳撃/連撃/裏拳
    • 剣術士:スタブ/ヘヴィスラッシュ/インペール
    • 斧術士:ブロードスウィング/アイアンストーム/ヘヴィスウィング
    • 槍術士:ヘヴィスラスト/ピアース/フルスラスト
    • 弓術士:複射準備/クローズショット/ヘヴィショット
    • 呪術士:シャドウフォール/シルエット
    • 幻術士:ネイチャーフューリー/エレメンタルシュラウド

今後の変更予定

  • パッチ1.18では上記の変更にとどまるが、パッチ1.19以降で次のような変更が予定されている。
    • 【攻撃回数について】 パッチ1.18では、基本1回攻撃(格闘士は2回攻撃)のシンプルなものになりますが、今後アクション特性、アイテムなどによって一定確率で複数回攻撃できるなど、複数回攻撃できるようなシステムを導入していく予定です。
    • 【計算式について】 パッチ1.18では既存計算式のまま、武器に攻撃間隔のパラメータを追加を行い、パッチ1.19以降にバトル計算式の根本的な改修を予定しています。
    • クエストやギルドトークンで習得するアクションについて】 クエストやギルドトークンで習得するアクションに関しては、今後行う予定のすべてのアクション改修時に、方向性含めて全体的な見直しが行われる予定です。その際に、ギルドトークンで習得するアクションの内容/効果をまったく違うものに変更する可能性はありますが、その際はギルドトークンの払い戻し(再選択できるようにする)などの対応を行う予定です。

関連項目