エーテル界

エーテル界

概要

  • エーテル界とは、この世(物質界)と対になっている世界。
  • ハイデリン世界の生命が死ぬと、魂であるエーテルは砕け散り「エーテル界」へと還って行く。
  • エーテル界に揺蕩(たゆた)うエーテルが、再び「物質界」に降ることで新たな生命が誕生する。
    ミンフィリア : わたしたちが生きている「物質界」で生命が死ぬと、通常、その魂であるエーテルは砕け散り、「エーテル界」へと還ります。
    ミンフィリア : そして、「エーテル界」に揺蕩うエーテルが、「物質界」に降り、新たな生命が誕生するの。
  • エーテル界は「星海」とも呼ばれる
    ウリエンジェ : 命は散りて、星の海へと還る。これぞ神々が定めた命の理……。
    ウリエンジェ : エーテルに満ちた星海は、この世と重なり合い、寄り添う世界……エーテルは巡り、命もまた巡る……。

蛮神

  • 蛮神は、この命の理から外れている。
    ミンフィリア : だけど、蛮神は例外……。
    地に満ちたエーテルであるクリスタルを喰らう蛮神は、その肉体までもがエーテルで構成されている。
    ミンフィリア : だから、倒すことで肉体は砕け、そのエーテルは大地へと還元されてゆく……。
    それでも魂だけは、エーテル界に還ると考えられているわ。
    ウリエンジェ : 信者の願いが、神の魂を星海より招き、クリスタルが、神の肉体を造る……。

不死なる者

  • 「超える力」を受け入れることで「不死なる者」となることができる。
    肉の身体持ちて、死して散らぬ魂を持つ者……。
  • 不死なる者は肉体が滅んでも死ぬことはなく、側にある「器」へと移り憑依する。

アシエン

  • 同様に不死なる者にはなったが闇のクリスタルを持っていなかったサハギン族長老はリヴァイアサンに喰われてしまう。
    ヤ・シュトラ : サハギン族は「不滅なる者」になったものの、「闇のクリスタル」を持っていなかった……。
    だから「リヴァイアサン」に喰われたってわけね。
    ヤ・シュトラ : ……そうか、だったら、アシエンを倒した時に魂のエーテルを逃さず、リヴァイアサンのように吸い込んで捕縛してしまえば……。
  • このエーテル魂を捕らえエーテルの力により砕くことができればアシエンを消滅させることができるという。
    ウリエンジェ : ご名答、恐れ入ります。さすがヤ・シュトラ嬢、察しがいい……。
    ウリエンジェ : 肉体失いし魂を、エーテルの檻に捕らえ、エーテルの刃で砕く……さすればアシエンの魂も、星海に還りましょう……。

関連項目