エッグハント


エッグハント(Hatching-tide)

  • FF14の公式イベント第五弾として2011年4月に行われたのが始まり。
  • 復活祭期間中に行われるイベント。
Table of Contents

2016年3月

main_art_ja.jpg


期間
2016年3月15日(火)17時ごろ~3月28日(月)23時59分ごろ

エッグハントと少女の夢
グリダニアのミィ・ケット野外音楽堂に現れたジリ・アリアポーは、冒険者にエッグハントのお祭りに参加してほしいようです。
みなさん、彼女の話を聞いてみてください。

map.png


  • ジリ・アリアポーに話しかけると、3つの周回クエストが発生する。

周回クエスト「運搬! エッグキャリアー」

真面目なエッグコレクター : エグ、エグ、エグル、エッグルルルゥ~ッ♪
お祭りの催し「運搬! エッグキャリアー」に参加されますか?
飾りタマゴを、係員のもとまで運べれば成功です!
真面目なエッグコレクター : ただし、道中にはタマゴを狙うスプリガンたちがいますので、
見つかって奪われてしまわないよう、ご注意を!
真面目なエッグコレクター : 私の横に置いてあるカゴから「飾りタマゴ」を取り出し、
地図に印を付けた係員のもとへ、運んでください!
  • 通せんぼしているスプリガンに見つからないように、とにかく大回りして運ぶゲーム。
  • 他の人はスプリガンの横を通過できてるように見えるが、それは人により配置が異なるため。スプリガンが見えたら別ルートへ。一番遠回りになるルートが正解ルート。

周回クエスト「追撃! ジャンボエッグ」

巨大なタマゴを追いかけろ!
どうだいお前さん、「追撃! ジャンボエッグ」に参加しないか?
快活なエッグコレクター : グリダニアの街中を走り回る、特製「ジャンボエッグ」に、
魔法の鱗粉をかけて、「ジャンボエッグの殻の破片」を剥がせ!
その破片を、「フォーチュンエッグ」と交換してやるぜ!
  • 固定ルートを回りながら固定位置で止まる時と止まらない時がある。
  • キャストタイムがかなり長いため、止まってすぐに粉をかけ始めるくらいのタイミングでないと失敗する。

周回クエスト「計測! アルコンエッガー」

あなたも、「計測! アルコンエッガー」に挑戦してみない?
モット : 簡単に言えば、数当てクイズといったところね。
衝立(ついたて)の間を通る、スプリガンたちを観察して、
どの種類のタマゴが、何個通過したのかを当ててちょうだい!
モット : 難易度別に三段階あるクイズを、初級、中級、上級と挑戦して、
すべてに正解できたら、報酬をあげちゃうからね!
まずは「初級のエッグカウンター」に声をかけてみて?
  • 左右から出てくるエッグの種類の数を数えるゲーム。
  • 上級はスマホで録画して白から数えて順番に答えていけば超簡単になる。

FATE「集めろ飾りタマゴ」

  • 金評価でエッグ2個。
  • 人が多いと2分位で終わってしまうため、FATEの終了時間に注意。
  • なおこのFATEはクエストには必須ではなく、シーズナルショップで買物をするためにフォーチュンエッグを集める目的のもの。

クエストの続き

  • FATEを除く3種類の周回クエストを一度ずつこなせば、音楽堂内の「ノノッタ」にクエストマークがつく。
  • 音楽堂内のノノッタ→ジリ・アリアポー
  • 旧市街(X:8.4,Y:8.9)のスタウト・エルムに話しかける
  • 新市街(X:12.2,Y:12.2)のベルナデットに話しかける
  • 新市街(X:14.0,Y:14.4)のベルテナンに話しかける
  • 音楽堂内のジリ・アリアポーに話しかける
  • 中央森林 ベントブランチ牧場(X:20.3,Y:22.0)にいるケーシャに話しかけてイベントを見れば終了
    冒険者はエッグハンター・バードを手に入れた。
    冒険者がアチーブメント『森都のエッグハンター』を達成しました!

交換:エッグドリーマー

アイテムセット必要フォーチュンエッグ
アルコンエッグタワー15
ファイアシャード152
アイスシャード152
ウィンドシャード152
アースシャード152
ライトニングシャード152
ウォーターシャード152
ファイアクリスタル102
アイスクリスタル102
ウィンドクリスタル102
アースクリスタル102
ライトニングクリスタル102
ウォータークリスタル102
コールマターG513
ベンチャースクリップ12
ダストバニー15
スプリガンキャップ115
オーケストリオン譜:PaPaya15



2015年4月

  • http://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/special/2015/Hatching_tide/
    special_header.png

    >もうすぐエッグハントの季節がやってきます!各都市や冒険者居住区には様々な飾り付けが行われ、夢見る少女たちが開催するお祭り「エッグハント」を彩ります。


    季節感あふれるアクセサリや調度品などもありますので、ぜひお楽しみに!


    開催期間
    2015年4月2日(木) 17:00頃 ~ 2015年4月15日(水) 23:59頃

    エッグハント
    開催期間中、以下の場所に現れるジリ・アリアポーは、冒険者にある催しを紹介したいようです。
    みなさん、彼女の話を聞いてみてください。
    ※シーズナルクエストは、イベント開催中にかぎり、受注、進行できます。開催期間終了後は進行できませんのでご注意ください。
    ※イベント開催期間中、エオルゼア各地でジリ・アリアポーの不思議な夢を再現した期間限定のF.A.T.E.「ジャイアントエッグハント」が発生します。 このF.A.T.E.の報酬として入手できるフォーチュンエッグは、NPCから特定のアイテムと交換することもできます。

    「エッグハントと夢見る人」
    受注場所:グリダニア旧市街 NPC”ジリ・アリアポー”

流れ

  • 指定エリアで発生するFATE「ジャイアントエッグハント」に参加して、フォーチュンエッグを手に入れる(フォーチュンエッグは、イベント進行だけなら1個で良い)
    1. FATEに発生箇所に行くと、青い「!」が出ているのでNPCに話しかけてスプリガンに変身する
    1. 一定時間ごとにFATEが発生するので、巨大な卵を攻撃する(ホットバー1番目に専用アクションがでる)
    2. 終われば自動的にフォーチュンエッグを入手
  • リムサ・ロミンサに戻り、NPCに話すとアチーブメントが出てクリア

ショップ

  • エッグドリーマー(SEASONAL SHOP)で、フォーチュンエッグとの交換により入手できる
    アイテム必要数
    トリコエッグイヤリング1
    カモエッグイヤリング2
    ダークエッグイヤリング3
    エッグフロアランプ10



2014年4月

b34c7704cf39cada8b32ee561138041e394f8b6f.png

お騒がせ奇祭ふたたび!

1500年以上ものはるか昔……エオルゼアを「第六霊災」が襲った。大地を呑み込む大洪水が巻き起こり、多大な犠牲をもたらしたこの霊災に際し、人々を導き救ったとされる十二人の英雄がいた。人呼んで「十二賢者」。
彼らの偉業は、今も偉大なる救世伝説として語り継がれている。

時は流れて5年前、「第七霊災」近しとの不安な噂が広まっていた当時、「古の賢者が飾りタマゴに乗って現れる」という奇妙な夢を見た少女たちが、新たな英雄を招こうと奇妙な祭りを始めた。これが今、ふたたび開催されようとしている話題の奇祭「エッグハント」だ。

例によって祭りを主催するのは、夢見る少女たち、通称「エッグドリーマー」なのだが、今回の祭りでは異なる点がひとつある。グリダニアの総合商社「黒兎堂」が後援を名乗り出たのだ。
堅い商売で知られる「黒兎堂」が、まさかまさかの大盤振る舞い。販促を兼ねて、さまざまな粗品を入れた「飾りタマゴ」を用意して、祭りの参加者に配るというから驚きだ。

さらに「黒兎堂」は祭りを盛り上げようと、グリダニアの婦女子に人気の吟遊詩人集団「ホムンクルス」の起用を決定。祭りのフィナーレには、彼らによる特別公演も予定されているという。
「賢者を招く」という祭りの効果はともかく、粗品と特別公演は確実にやってきそうだ。となれば、祭りを楽しむほかないだろう。

オリバー・グッドフェロー
開催期間
2014年4月9日(水) 17:00頃 ~ 2014年4月22日(火) 23:59頃

phase.png

エッグハント
開催期間中、以下の場所に現れる吟遊詩人は、冒険者をある催しに誘いたいようです。
みなさん、彼らの話を聞いてみてください。
※シーズナルクエストは、イベント開催中にかぎり、受注、進行できます。開催期間終了後は進行できませんのでご注意ください。

吟遊詩人の居場所
リムサ・ロミンサ:上甲板層

map_01.png



グリダニア旧市街

map_02.png


ウルダハ:ナル回廊

map_03.png
エッグドリーマー : 賢者様への感謝のしるしとして、贈り物を入れた、飾りタマゴをたくさん作ったよ!
エッグドリーマー : でも、全部スプリガンに盗まれちゃったの!スプリガンから飾りタマゴを取り戻してね。
エッグドリーマー : 飾りタマゴは、全部で3種類!贈り物は、飾りタマゴによって違うの。
高価な贈り物が入っている飾りタマゴもあるよ。
エッグドリーマー : 「デコエッグ:ブロンズ」には、ささやかな贈り物……
「デコエッグ:シルバー」には、高価な贈り物……
「デコエッグ:ゴールド」には、貴重な贈り物が入っているよ!
エッグドリーマー : 飾りタマゴを割れば贈り物が手に入るけど、いくつか集めて、各都市のエッグドリーマーへ持ち込めば、
より高価な「飾りタマゴ」と交換するよ。
エッグドリーマー : 「デコエッグ:ブロンズ」10個で「デコエッグ:シルバー」に。
「デコエッグ:シルバー」10個で「デコエッグ:ゴールド」に。それぞれ、交換できるよ!
エッグドリーマー : 賢者様をお迎えするには、飾りタマゴがたくさん必要!
スプリガンから飾りタマゴをたくさん取り戻して、
どんどん私たちへ持ってきてね!

アイテムの交換

アイテム説明必要アイテム
デコエッグ・ブロンズ様々なアイテムが封入されている飾りタマゴ。何が出るかはお楽しみ
デコエッグ:シルバー様々なアイテムが封入されている飾りタマゴ。何が出るかはお楽しみデコエッグ・ブロンズ10個
デコエッグ:ゴールド様々なアイテムが封入されている飾りタマゴ。何が出るかはお楽しみデコエッグ・シルバー10個
エッグドリーマー : 「デコエッグ:ブロンズ」には、ささやかな贈り物……
「デコエッグ:シルバー」には、高価な贈り物……
「デコエッグ:ゴールド」には、貴重な贈り物が入っているよ!

公式情報





  • 以下現行版(旧FF14)でのエッグハントイベント





2012年4月

概要

かつて、賢者が現れる夢を見たと主張する少女たちの呼びかけで開催された奇祭「エッグハント」。 色とりどりに塗られた飾りタマゴを追いかけた、あの奇妙なお祭りが再び開催されようとしているようです。

噂に目がないグリダニアのゴシップ誌「週刊レイヴン」も、さっそく特集を組んだようです。 ちょっと覗いて見ましょう……。

黒衣森の木々の1本、そのまた無数に空いたウロの1穴から、鋭いクチバシで一片の真実をつつき出す「週刊レイヴン」主筆のグッドフェローです。 今号では、奇祭「エッグハント」が再び開催されるという噂について、速報をお届けしましょう。

奇祭「エッグハント」をもう一度! 読者諸兄は、「エッグハント」を覚えているだろうか? 「賢者を乗せた十二個の卵が天より舞い降りる」という奇妙な夢を見た少女が、仲間たちと共に始めた、飾りタマゴを集める奇祭のことだ。結局、前回の開催時には、少女たちの願いもむなしく賢者は降臨しなかった。そればかりか、発起人の少女、ジリ・アリアポーさんの突然の失神と、記憶の喪失という混乱した状況で幕を閉じたのである。

エッグハント/奇祭再び

上記のように振り返って書き記すと、奇祭は大失敗であったかのように思える。 しかし、大勢の人々が飾りタマゴを追うこの祭りを楽しんだことは、紛れもない事実であり、人々に連帯を思い起こさせた「良き思い出」として「エッグハント」を語る者も少なくない。今回、この奇祭を再び開催しようとした背景には、月の衛星「ダラガブ」が異常な大きさで禍々しい光を放ち、都市民の間で動揺が広がる中、少しでも良き思い出を再現しようとの意図があるようだ。

聞くところによれば、かつて「エッグハント」の開催を手助けした人々が、祭りに関する記憶を失っていたジリさんたち、エッグドリーマーに熱心に働きかけたのだという。取材中、祭りに協力する人々は、本誌編集部の記者に対し意味ありげに笑いながら、手刷りの「手配書」を渡してくれた。 どうやら、今年もスプリガンたちが祭りに一枚かんでくることになりそうだ。

オリバー・グッドフェロー

開催期間

  • 2012年03月27日(火)17:00頃~04月09日(月)23:59頃

エッグドリーマー

  • 奇祭「エッグハント」への参加を呼びかけるエッグドリーマーが、各都市に現れるようです。プレイヤーのみなさん、彼女たちの話を聞いてみてください。
  • 【報酬アイテム】
    名称性能入手条件など
    エッグリング魔法回避力+10プレーンエッグ+赤3+黄2
    カモエッグリングHP+10/MP+10カモエッグ+赤2+青1+緑1+黄1
    トリコエッグリングMP+10トリコロールエッグ+青3+黄1+紫1
    ダークエッグリングHP+10ダークエッグ+赤2+緑1+紫1
    チョコボリング魔法回避力+5/HP+5/MP+5謎の卵3つをNPC横のゆりかごに入れたあと話しかける
    • ※謎の卵:次の組み合わせで卵を渡すと入手
      • カモエッグ+赤2+青1+緑1+紫1
      • トリコロールエッグ+赤2+青1+緑1+紫1
      • ダークエッグ+赤2+青1+緑1+紫1

2011年4月

  • イベントは、「エッグハント/預言の卵」で始まり、その後「エッグハント/失われた卵」に切り替わった。さらにイベント終了後には後日譚「エッグハント/卵の帰還」が公式サイトに公開された。

概要

風が暖かさを増してきた今日この頃、街路を行き交う人々にも笑顔が増えてきた様子。
でも、それはうららかな陽気が理由ではありません。
少女たちの呼びかけで、何やら怪しげなお祭りが始められるようなのです。

すでにグリダニアの街角は、この話題でもちきり。
早速この街のゴシップ好きの愛読誌「週刊レイヴン」でも特集が組まれているようです。
ちょっと、覗いてみましょう……。

黒衣森の木々の1本、そのまた無数に空いたウロの1穴から、鋭いクチバシで一片の真実をつつき出す「週刊レイヴン」主筆のグッドフェローです。 今号は、グリダニアの街角を賑わすホットな話題、奇祭「エッグハント」についてお届けしましょう。

●預言者か? ペテン師か? 奇妙な歌を歌いながら、街角で卵を配る一団が話題になっているのをご存知だろうか。 その怪しげな祭り「エッグハント」の実態を探るべく、主催者のジリ・アリアポーさんに取材を試みた。

ジリさんによれば、そのきっかけは星の輝く晩に見た夢にある。 賢者を乗せた十二個の卵が天より舞い降りる、というそれはそれは神秘的な夢だったそうだ。その中の賢者のひとりは、こう告げたという。「汝、備えよ。間もなく我ら、輝ける卵にて戻らん」と。

これを啓示と考えたジリさんは、すぐ行動に移した。 夢で見たド派手な賢者の卵「アルコンエッグ」を再現すべく、ドードーの卵を集めて色づけし始めたのだ。最初は冷ややかだった近隣の人びとも、いつの間にか、彼女の熱意にほだされて卵作りを手伝い始め、今では共に並んで声をからしている始末。そのひとり、ブリコトくんはこう熱弁をふるう。「この卵を温めたら、賢者さまがお生まれになるんだ!」と。

●信者は増え続けるが…… こうしている間にも、この奇祭の参加者は増え続けている。いや、協力者に授与される珍妙な帽子ほしさに、いやいや手伝っているだけの者ならもっといよう。だが、この祭りがフィナーレを迎えるとき、彼女が語るように、本当に十二賢者は現れるのであろうか? それは時の神アルジクのみぞ、知るところだ。

オリバー・グッドフェロー

卵の祭りもたけなわ。
今日も、色とりどりの卵を手にした人びとが街路をうろついています。

しかし、卵が高く積み上げられ、人びとの期待もいやが上にも高まってきた矢先、何やら事件が発生した様子。
あの「週刊レイヴン」も早速嗅ぎつけ、センセーショナルな見出しで報じています。

黒衣森の木々の1本、そのまた無数に空いたウロの中の1穴から、鋭いクチバシで一片の真実をつつき出す「週刊レイヴン」主筆のグッドフェローです。 突然ですが、注目を集めていた奇祭「エッグハント」が思わぬ事態を迎えた模様。緊急スクープでお届けしましょう。

●消えたアルコンエッグ 奇祭の主催、ジリ・アリアポーさんが語る十二賢者の再臨が迫り、信じる読者も眉に唾を塗った読者も、指折り数えてその日を心待ちにしていたことだろう。 だが、そんな折も折、大事件が発生した。昨夜、保管庫から飾り卵「アルコンエッグ」が忽然と消えたというのだ。 早朝、ジリさんが気づいた時には、すでに錠前が壊され、卵は何者かによって全て持ち去られた後だったという。 そして、ツィギーという名のスプリガンもまた姿を消しているようなのだ。

●盗難? それとも自作自演?
そもそも、なぜ魔物が祭りを手伝っていたのだろうか?
悲嘆にくれるジリさんから聞き出した話によれば、ことの成り行きはこうだ。
祭りの開始を遡ること3日。どこから聞きつけたのか、2匹のスプリガンが彼女の前に現れ、自発的に卵を集め始めたそうだ。
「賢者様が遣わされた使者に違いない!」
そう解釈したジリさんは、すっかり信用してしまったのだという。

錠前についた歯型などの状況証拠から、卵泥棒の主犯がツィギーというスプリガンであることは、ほぼ間違いないだろう。
だが他方、ディギーとかいう、もう一匹のスプリガンは、卵の破片の掃除など今日も変わらぬ様子でマジメに働いていた。なぜ彼らは祭りに協力したのだろうか? そして、なぜ今になって一匹だけが裏切ったのだろうか? 妙ではないか?

また、壮大に広げたウソが怖くなったジリさんの自作自演ではないか、という口さがない者がいることも、公平な立場から書きとめておきたい。

今後も、本誌はこの事件を徹底取材するつもりだ。

オリバー・グッドフェロー

エッグハント/預言の卵

  • 【開催期間】:2011年04月15日(金)17:00頃 ~ 05月09日(月)23:59頃
  • 【必要ランク】:ランク5
  • エッグハントイベントは、サブクエストのひとつ『降臨? 賢者のタマゴ!』として実装された。
  • 都市国家でNPCが配置されており、ウルダハの場合は次のようになっている。
    キキナ : エグ、エグ、エ~グ、エッグラホ♪ムムムッ! キミ、もしかしてキミ、賢者さまに選ばれた勇者(冒険者)?
    キキナ : ボク、キキナ!ねぇねぇ、キミにお願いがあるんだ!この「アルコンエッグ」を受け取って、温めてッ!
    キキナ : そして、そこのワダードさんに詳しい話を聞いて、他の「アルコンエッグ」も集めてほしいんだ。世話焼きワダードさんが、きっと色々教えてくれるよ!
    キキナ : 「アルコンエッグ」ってのはね、ボクの夢に出てきた賢者さまのタマゴを真似て、ピッカピカに磨いて属性を付与したり、飾りつけたりしたタマゴのことなんだ。
    キキナ : ボク、どんどん「アルコンエッグ」を作ってくよ!だから、キミがしばらくの間、しっかり温めてくれたらもう1個、新しい「アルコンエッグ」を預かってもらうつもり。
    キキナ : ぜ~ッたい、大切に温めてよ?勇者(冒険者)さん。その時が来たら、また会お♪
    
    ワダード : エグ、エグ、エ~グ、エッグラホ♪わしは使徒のワダード。お前さんも、キキナ様から「アルコンエッグ」を授かったようじゃな。果たしてそのエッグ、属性を帯びておるかのう?
    ワダード : 何はともあれじゃ。お前さんには、他にも「プレーンエッグ」1個と属性を帯びた雷・土・水のエッグを各1個、集めてもらう。
    ワダード : 何日か待って、キキナ様からもう1個授かるもよし、どこぞで誰ぞと交換するもよし。
    ワダード : そうして、4種の「アルコンエッグ」を集めて、わしに渡せば……ほれ。「エッグキャップ」を進呈しようぞ。
    ワダード : ……ふむ? 浮かぬ顔じゃな。さては、自分ひとりで温めなくてよいものか、悩んでおるんじゃろ?
    ワダード : ホッホッホ、若いのお。エッグがもたらす幸運は、皆で分かち合ってこそ広がるものじゃて。お前さんにも、きっと仲間がおるはずじゃ。ともに幸運を分かち合いなされ。
  • 交換アイテム【エッグハント/預言の卵】
    名称適正性能
    エッグキャップ汎用R10~物理防御16 魔法防御27 クリティカル防御18 物理回避10 魔法耐性+19 修理素材にかわ×1
  • ※街中のCPNに話しかけると10時間に1つずつエッグがもらえ、属性を揃えて話しかけるとエッグキャップと交換できた。


エッグハント/失われた卵

  • 【開催期間】: 2011年04月26日(火)17:00頃 ~ 05月09日(月)23:59頃
  • 【必要ランク】:ランク5 ※ただしエッガーとの戦闘が必要であり、アクティブモンスターがうろついているダンジョン奥の場合もあるためランク40程度が推奨と思われる。
  • 交換アイテム【エッグハント/失われた卵】
    エッグキャップ条件交換NPC
    エッグキャッププレーンエッグ1個と雷・土・水の属性を帯びたエッグを各1個都市国家内エッグドリーマー
    カモエッグキャップカモエッグ1個と火・風・氷の属性を帯びたエッグを各1個都市国家内エッグドリーマー
    トリコエッグキャップトリコロールエッグ1個と火・風・雷属性のエッグを各1個、星極性のエッグを1個都市国家内エッグドリーマー
    ダークエッグキャップダークエッグ1個と土・水・氷属性のエッグを各1個、霊極性のエッグを1個都市国家内エッグドリーマー
    チョコボエッグキャップ風、雷、火、土、氷、水、星、霊属性のエッグを各1個都市国家初期ダンジョンにいるヂギー
  • ※各都市国家のフィールド上に現れるスプリガンを倒すと各種エッグをドロップし、指定の属性エッグを揃えて話しかけると各種キャップと交換できた。



エッグハント/卵の帰還

黒衣森の木々の1本、そのまた無数に空いたウロの中の1穴から、鋭いクチバシで一片の真実をつつき出す「週刊レイヴン」主筆のグッドフェローです。 ついに奇祭「エッグハント」が閉幕した。結局、この波乱に満ちた祭りは、いったい何だったのだろうか?

十二賢者はいずこ? 街を賑わせた……いや騒がせた卵の祭典「エッグハント」が終わった。

預言の日、ジリ・アリアポーさんを信じる人びとは保管庫に集り、固唾を呑んで「アルコンエッグ」を見守っていたが、ついに卵は割れるどころか、ピクリとさえしなかった。否、それは正確ではない。ドードーのヒナならば、いくつか孵ったのだから。

その夜、ジリさんは失神。目覚めたときには、ここ一ヶ月の記憶を失っていたという。そんな虫のいい話があろうか? 筆者はジリさんに取材を試みたが、きょとんとして「どちらさまでしょうか?」と問い返される始末。その表情は、とても演技には見えなかった。 結局、十二賢者の話は虚言だったのだろう。だが、不思議なことに人びとからは、ジリさんを責める声は聞こえてこなかった。 「エッグハント」は、一時は中断も止むなしという状況に陥った。しかし、数多の冒険者の協力により、卵の大半は奪還され、何とか無事に祭りを終えることができた。その時の冒険者の連帯は、我々が忘れかけていた助け合いの心を思い出させてくれた。人びとは賢者には会えなかったが、その贈り物ならば、確かに受け取っていたのだ。

グリダニア、紅茶川の畔にて~

「やれやれ、どうやら記憶の洗浄には成功したようだ」
男は苦笑いしながら、灯明にかざしていた「週刊レイヴン」を置いた。

「放っておけば、街はパニックだったわ。彼女には悪いけど、まだ準備ができていないから」
背後の樹上から女が答える。

「急がねばならん。感受性に優れた者が、すでに気づき始めている。
そのうち、すべての者が知ることになるが、今はまだ……」
男は煌々と照らす満月を見上げながら呟いた。

FF11との関連

  • エッグハントイベントの主催者として登場するジリ・アリアポーと同じ姓を持つNPCにがFF11にも登場していた。
  • 市街地戦ビシージで活躍するNPC、五蛇将の一人Mihli Aliapohがそれで、一人称としてボクを使い、ミスラタイプの将軍であったためなかなかの人気を誇っていた。