エオルゼア都市軍事同盟


エオルゼア都市軍事同盟(えおるぜあとしぐんじどうめい / The Eorzean Alliance)

概要

  • しかし、最大勢力を誇るイシュガルドが離脱したため、情報共有を旨とする防衛条約審議会(a congregation of committee members)の設置のみが行われたにすぎない。
  • 共同常備軍の創設も進まず、蛮族対策を始めとする軍事問題に対して、民間組織である冒険者ギルドに対処させている状態である。

公式設定

第六星暦1561年、北東端の都市アラミゴの陥落によって顕在化した、ガレマール帝国の脅威に対抗すべく、ウルダハリムサ・ロミンサグリダニアイシュガルドエオルゼア諸都市で締結された軍事同盟。とはいえ、最大兵力を誇るイシュガルドが早々に条約から離脱したこともあり、各国の情報を共有する審議会の設置こそ決まったものの共同常備軍の創設には至らず、民営組織である冒険者ギルドに、蛮族対策を始めとする軍事問題を肩代わりさせてきた経緯がある。

そして今回、グランドカンパニーの設立にあたり、優れた兵士を確保するために各国が獲得に乗り出したのもまた、台頭目覚ましい冒険者であったことは当然の帰結であろうか。

成果

関連項目

グランドカンパニー】【冒険者ギルド