アラミゴ解放軍

アラミゴ解放軍(the Ala Mhigan Resistance)

  • ゲーム内の組織
Table of Contents

概要

組織

  • 単一の組織とはなっておらず、小さな組織の寄り合い所帯となっている。
    コンラッド : まず知ってもらいたいのは、
    「アラミゴ解放軍」という組織の性質についてじゃ。
    ご存知のとおり、解放軍は単一の組織ではなくてのう……。
    実態は、小さな組織の寄り合い所帯に過ぎず、
    今回の提案を受け入れるのは、この拠点に集う者たち。
    つまり、ワシの指揮下にある者たちのみとなる。
    もちろん、ワシらと協力関係にある、
    ほかの部隊にも、根回しはさせてもらうがの……。
    全隊が集うとは限らないこと、予め承知してもらいたいのじゃ。
  • しかもコンラッドの部隊についても鉄仮面の企てに参加するために出ていったものが多く、組織の立て直しの協力を行うこととなる。
  • ピピン立案の、新型魔導兵器の破壊作戦をエオルゼア同盟軍と共同で成功させたことにより、各部隊との協力関係が進む。
    メ・ナーゴ : はい、コンラッド隊長の使者として来ました。
    ひとつの提案があるのですが、その前にまずは私たちの……
    アラミゴ解放軍の現状をお伝えします。
    まず、隊長が進めていた連帯関係にある別部隊の勧誘ですが、
    こちらは順調に進展しており、すでに成果も出ています。
    いくつかの部隊が、同盟軍との共闘に同意しました。
    さらに「暁の血盟」のみなさんの協力もあり、
    新たな協力者の獲得も、少しずつ進みつつある状況です。
    ラウバーン : うむ、朗報だな。
    組織の立て直しに、ある程度の目処がついたと考えても?
    メ・ナーゴ : はい、コンラッド隊長も、そう考えています。
    そこでアラミゴ解放軍として、エオルゼア同盟軍に対して、
    カステッルム・ベロジナ攻略作戦の発動を提案します!

歴史

テオドリックによる弾圧と粛清

  • アラミゴ最後の王「廃王テオドリック」は、王権すら侵すほど力を持ち始めたラールガー星導教に対して弾圧を行いはじめ、これを排除するために「星導山寺院」に対する焼き討ちをおこなったことから宗教勢力の抵抗は下火になった。次にテオドリックが行ったのは王族の処刑で、前王時代からの忠臣をふくめ王位継承者も姿を消すほどの粛清を行った。
  • さらに貴族や議員、豪商にいたるまで弾圧を開始したため、危機感を抱いた彼らはテオドリック王妃に助けを求めるが、王は聞く耳を持たず、ついに王妃は王太后や貴族とも手を組み王の暗殺計画を目論む。しかし一人の貴族が裏切り密告したことで謀略は失敗し、企てに参加したもの全員が処刑されることとなった。

ガレマール帝国の扇動

カーティス

アラミゴ解放軍


関係する人物

関係する地名

関連項目

アラミゴ】【ガレマール

リトルアラミゴ

エリック