新拡張パッケージ「ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーター」


紅蓮のリベレーター(ぐれんのりべれーたー / STORMBLOOD)

  • 「紅蓮のリベレーター」は、蒼天のイシュガルドに続くファイナルファンタジー14の新しい拡張ディスクの名称。
Table of Contents
  • 発売日:2017年6月20日
    • 日米欧同時発売
    • 2017年1月24日予約開始
  • 今後、ファンフェスドイツで追加公開される

概要

  • タイトルは「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター」、英名は「STORMBLOOD」

    翻訳を担当しているマイケルは、「紅蓮のリベレーター」の英語表記を考える中でまず“赤”というイメージに着目したという。ここから「Blood Liberty」や「The Crimson Uprising」なども考えたが、拡張パッケージのタイトルは「FINAL FANTASY XIV」の後に続いて表記されることから単語1つが望ましいと考え、最終的にSTORMBLOODに行き着いたという。

  • リリース時期は2017年「初夏」 6月20日
    NMb6W0W.jpg
    Nvda7nt.jpg
  • メインテーマ:植松伸夫氏

トレーラービデオ

キープロット

  1. 20年に及ぶガレマール帝国の圧政からアラミゴを開放
    tnFFnjf.jpg
  2. アラミゴ統治の第XII軍団長ゼノス・イェー・ガルヴァス
  3. 光の戦士と解放者たち(アラミゴレジスタンス)
    5eFcD3V.jpg

ジョブ

  1. 遠隔魔法ジョブ赤魔道士」は確定 ファンフェス東京で発表
  2. タンクは、吉田PのTシャツ(サム・ライミ監督のスパイダーマン三部作がある)から侍と予想されている
  3. もう1枠は「踊り子」説が出ているが…

レベルキャップ開放

  • すべてのジョブクラスのレベルキャップがレベル70まで解放される

バトルシステム見直し

  1. 新しいアクションを増やしてもこれ以上難しくならないように
  2. 効果少ない用途が限定的なスキルの全面的な見直し
  3. バフ注視ゲームからの脱却を目指す
    • ジョブオリジナルの専用UIを新設し、視覚的にわかりやすいデザインへ変更

バトルコンテンツ

蛮神「美神ラクシュミ(Lady of Bliss - Lakshmi)」

蛮族アナンタ

新ダンジョン

新レイド「次元の狭間オメガ(The Bend of Time - OMEGA)」

C1ri7JH.jpg

アライアンスレイドリターントゥイヴァリース(Return to Ivalice)」

vGYH5he.jpg
  • 外部クリエイター参加
    • 松野泰己:シナリオ・脚本全担当
    • 雨宮慶太:ボスのデザイン担当

禁断の地エウレカ

その他

新装備
  • AF3アートワーク発表 ※下記
新クラフト
かばん拡張
  • 所持品容量の大幅増加。
  • できるだけ多くの容量を増やしたいと思っています。2段階に分けて増やすかもしれない。今後PLLなどで発表
ハウジングエリア

新フィールド

アートワーク

qfF4fHU.jpg
K1uOYSU.jpg
UHqiJQ4.jpg
OQISv7v.jpg
3yF4uHI.jpg
EJF99Uw.jpg
JsiWYJu.jpg

スクリーンショット

qqi72fS.jpg
E89nOY8.jpg
XNbSoBM.jpg
iJfqPZW.jpg
B7fC1Ck.jpg
1ViIDAo.jpg
CjinPta.jpg
qcCsUDQ.jpg

新装備アートワーク

sD5tFRv.jpg
9mgHth6.jpg
9FZ8GXh.jpg
U0chYVt.jpg

コレクターズエディション

o8tZ2dH.jpg

動作環境

Windows版

  1. Windows版の必要動作環境(=最低動作環境)について、Core2Duoを非対応とする。
  2. 32ビット版OSも出来る限り対応するが、できれば64ビットOSへ移行しておいて欲しい。

PS3版

  • パッチ4.0以降はPS3をサポートしない。
  • 4.0のパッチが当たった瞬間にPS3版は起動しなくなる。それまでにPS4版またはWindows版へと移行して欲しい。
  • 再度、PS3版からPS4版へのアップグレードキャンペーン実施予定。PS3版からPS4版への移行料金は無料。
    • FF14ではPS3版は非対応プラットフォームになるという意味であり、ノーサポート(保証外)になるが遊べるなどという意味ではない。
    • また「紅蓮のリベレーター」部分だけが遊べないのではなく、「紅蓮のリベレーター」リリース日にFF14自体にパッチ4.0が自動適用されるため、そこで「新生エオルゼア」や「蒼天のイシュガルド」だけ導入している人も同様にプレイできなくなる。
    • 3.xシリーズの間はプレイ可能。4.0のリリース日(つまり2017年の初夏)以降は、起動時に自動的にパッチが当たるためゲームプレイ不可能になるという意味。つまり厳密に言えば「紅蓮のリベレーター」リリース前のメンテナンス突入時点で、PS3版でのプレイは終了することになる。

公式サイト