ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア




新生エオルゼア(A REALM REBORN)

  • 「新生エオルゼア」とは、新生版ファイナルファンタジー14のサブタイトルのこと
  • 正式名称は「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」、バージョン2.0シリーズを指すサブタイトルが「新生エオルゼア」となる。※英語版タイトルは「FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn
    FINAL FANTASY XIV(FF14) 新生後のスケジュール
    項目FF14旧版
    現行版
    新生エオルゼアパッチ2.1パッチ2.2パッチ2.3パッチ2.4拡張ディスク
    エクスパンション
    パッチ3.x
    バージョン1.x2.02.12.22.32.43.03.x
    リリース時期2012年11月終了2013年
    8月27日
    2013年
    12月17日
    2014年
    3月27日
    2014年
    7月8日



タイトルの意味

  • 「REALM REBORN 意味」で訪れる方が多いのですが、はっきりと書かれたものはありません。
  • 後述するように、インタビューでは「世界が一新するという意味で「A REALM REBORN」と書いてあるんです。」としか説明していない。ただヒントとなるものは用意されており、New beginningトレーラービデオの最後に次のような部分がある。
    Gather once more And witness a realm reborn
  • これは日本語訳では
    今こそ再び集い、踏み出すのだ 新生エオルゼアの大地へ
  • となっている。つまり、realm(レルム)は”大地”、reborn(リボーン)は”新生”を意図して付けられている事がわかる。

パッケージ情報

  • 2013年8月27日発売
  • パッケージに関する情報は製品情報を参照のこと

店頭用プロモーションビデオ

テレビCM

開発情報

第七霊災後の世界

サブタイトルに関する説明

  • 4GamerのGamescom終了後の単独インタビューで次のように説明している。
    4Gamer:
     そういえば,ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼアという正式名称はこれからも変わらないのでしょうか。
    
    吉田氏:
     いえ,サブタイトル部分,「新生エオルゼア」というのは変わります。
    そこはエクスパンション(大型アップデート)ごとにイメージイラストごと一新させていきます。
    今回のロゴでいうと,下の線が惑星ハイデリンを表しており,その上に冒険者達がいて,
    世界が一新するという意味で「A REALM REBORN」と書いてあるんです。
    
    4Gamer:
     そうなんですね。いつまで“新生”なんだろうとは思っていました。
    エクスパンションごとにイラストやサブタイトル変える理由を教えてください。
    
    吉田氏:
     常に新しいものとして見せていきたいという思いからです。
    例えば,ファイナルファンタジー15が発表されたら,XIV(14)は一つ前のFFになってしまいますから。
    あと,新生XIVからはパッチにもタイトルをつける予定です。
    例えば,PvPが実装されるパッチに「Defender of the Realm (Patch 2.01)」とか名付けるといった感じで。
    PRもそんな風に行っていくつもりです。
    
    新生エオルゼア タイトルロゴ

タイトル名およびタイトルロゴ変更

  • 公式プロモーションサイトで発表された。

    ファイナルファンタジーXIV タイトルロゴを刷新
    7/26/2012

    ファイナルファンタジーXIVはタイトル名を、新生ファイナルファンタジーXIVの発売に合わせ、 「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」へと変更し、タイトルロゴも刷新いたします。
    大きく変貌した新たなる世界、新たなるゲームシステムとバトルシステム、そして新たなる物語…… 目指してきた「新生」というキーワードを現すタイトルとして、 「新生エオルゼア(A Realm Reborn)」という言葉を掲げました。
    この新タイトルロゴと共に、ファイナルファンタジーXIVは完全新生を迎えます! どうぞこれからの情報公開、そしてゲームリリースにご期待ください!
    ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア プロデューサー兼ディレクター 吉田 直樹

関連項目

新生